スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅草寺、スカイツリー、月島温泉、もんじゃ、を走る。

もんじゃ焼きとは不思議な食べ物だ。

これほど口に入る前と後の形状が変わらない食べ物はないだろう。
何?食べる前は分かるけど、後はわからないって?

そしたら、もんじゃを食べながら死ぬほど酒を飲んでみればいい。
すぐ分かるだろう。

それは便器の中かも、駅のホームかも知れない。
それ以前にベロベロで記憶を失ってるかも知れないが・・・。

あっおいしいよ・・・、念のため。

今回チーム内からもんじゃが食べたい!と言うランニング仲間らしからぬ意見が出され、
(30キロ走がしたいとか皇居でペース走がしたい、とかではないのだ!!)
日本酒を飲むと始発駅と終着駅を往復することが大好きな?ショージさんが
昨年の夢舞いのコースを絡め、月島で風呂に入った後もんじゃを食すと言う、
日本代表として決勝リーグを戦う上で重要かつ画期的な戦略を立て、
そしてそれをやっと実行に移すときが来たのだ。
ニッポン!チャチャチャ。

6/26(土)蒸し暑い曇り空の下、
我々は今大会ベスト8を目指すべく月島駅のピッチへ降り立った。
だか今回参加の8人中私を含め3人だけの集合。

ジョージさんの作戦は、月島駅のロッカー(ロッカーと言ってもヤザワでは無い。)
に荷物を預け浅草駅まで地下鉄で移動し、浅草の吾妻橋からスタートするという
言わばこの蒸し暑さに対抗する守備的な婦人、いや布陣なのである。

それを知った私はジョージ監督に言った。

「俺が先に行って相手DFラインをかき回します。俺に行かせてください!」

「お前、この暑さでいけるのか?体重87キロだろう。」

「大丈夫です。浅草亀十のどら焼きを食えば行けるはずです」

「そうか、じゃ任せたぞ。ドラえもん!」

「監督、どら焼き食べるものはドラえもんだけとは限りません・・・。」

監督の指示を受け、FWの3人は集合時間の1時間ちょっと前、月島駅に集まった訳である。





+ 続きを読む

スポンサーサイト
◇過去の記事はこちらから

全ての記事を表示する

プロフィール

ジミー

Author:ジミー
走っても痩せない。なぜならば食って、飲んでるから。


【自己ベスト】
2009年 第12回荒川市民マラソン   3時間55分
2009年 第10回谷川真理ハーフマラソン 1時間46分
2011年 第7回いわて銀河100Kmチャレンジ 13時間29分

【初レース】
2005年かすみがうら10マイル
【初フルマラソン】
2006年 第9回荒川市民マラソン    6時間10分

【東京マラソン】
第1回だけ当選しました。土砂降りのこの大会記録は6時間46分
あと14分遅ければ都知事と握手してテレビに写ったのに。
膝が痛くてそんな余裕ありませんでした。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。