スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャレンジ富士五湖100キロ 大会レポ その4

4/25(日)大会当日。

朝2時に起床。
起きてすぐ腹も減ってないのに無理やり朝食を取る。
昨日買った山菜おこわとバナナと何故かカップラーメンのカレー。
これなら食欲が無くても食べられる気がしたんだよね。

そして入浴。
大浴場に行きゆっくり温まりつつストレッチ。 またもや朝風呂だ。
ん?深夜か。手っ取り早く筋温を高めるには 風呂がいいらしい。
徐々に身体も目覚めてくるがいやな緊張感も高まってくる。

トイレを済まし、(結構カンタンに出るのです。朝ズバッ!)
ウエアに着替えてコートを羽織り、宿を出た。
外は真っ暗で非常に寒い。 冬か?
もう4月の終わりなのに。

北麓公園へ移動のために車に乗り込むと、フロントガラスは真っ白。
ガラスというガラスに霜が降りていた。
夜はこんなに冷え込んだのか。今もまだ夜だけどね。
あまり時間も無いので急いで霜をこそげ落として車を出す。

公園までは15分もかからなかった。
そりゃ道は空いているからね。
こんな時間に富士吉田で活動しているのは、泥棒か物好きなランナーだけだ。

富士北麓公園駐車場には3時半位に着く。
すでに結構駐車場は埋まっていて、続々と送迎バスが入ってくる。
忙しそうに係員が車を誘導している。
辺りの森は暗く静まり返っているのに、ここだけはワイワイがやがやと騒々しく
まぶしいくらい照明が明るい。

こんな夜の森の中で活動しているのは、ふくろうか物好きなランナーだけなのだ、多分。

受付は前日済ませているので荷物を預けに体育館へ歩いていく。
体育館の前にはトラックが2台並んでいて、コース上2箇所の着替えポイントへ荷物を運んでくれる。
ボランティアの高校生が声を張り上げていた。
「A地点、西浜小行きはこちらで預かりま~す。」
「B地点、本栖湖駐車場行きで~す。」
まさか本人達も朝の4時前からこんな叫ぶとは、思ってもみなかった事だろう。
荷物を預け、礼を言う。

体育館の中でベンチコートを脱ぎ、ウエストバック、キャップ、サングラス、
2重の手袋、ビ二ールのポンチョを被った。
この中は暖かくていいけど、靴を脱いで入らなければならないので足が冷たい。
足が冷えると身体も冷えてくる、来年はスリッパを持ってこよう。

バナナを一本、おにぎりを一個、エネルギージェルを流し込む。
そして最後に移動しない荷物を預ける。
準備は終わった。

去年から始まった長い長い準備は終わった。

あとは100キロ走るだけ。
たった、それだけ。

それが一番大変なんだけど。

体育館から競技場に向かう途中、テントでは軽食とホットコーヒーのサービスがあった。
熱いコーヒーはうれしいね。インスタントでもいい。
そこでランステで知り合ったO氏と遭遇する。
彼は初ウルトラで、112キロに参加するそうだ。
ヘンタイの見本である。

人はボーダーラインを越える時、何を感じるのだろうか。

私は今回100キロ走ろうとこの大会にエントリーした時、無意識に越えてしまったのかなぁ。
ラインの向こう側に人たちは全く理解できないらしい。
そりゃそうだよね。
全く運動なんてしていなかった数年前、フルマラソンを走る人を見て理解なんて出来なかった。
なにが楽しくて走ってるんだろうと思ったもんだ。

今では年何回かフルを走って、初めてウルトラに挑戦しようとしている。
O氏も軽く越えてしまったんだろう。

やっぱりヘンタイだ。 分かりやすい。
ヘンタイって自分の欲求に素直って事だからね。
私の場合、何も考えてないだけかもしれないが。

112キロはスタートが30分早いのでヘンタイ達はそこで健闘を誓い合い、別れた。

4:30前ともなるとうっすらと明るくなり、ほんのわずかだが富士山も見えてくる。
写真じゃ写ってないかな。
2010_0425hujigoko0013.jpg 
写ってないな。
2010_0425hujigoko0015.jpg
スタート地点では寛平さんの応援メッセージが映像で流れている。
熱気と共に112キロはスタートしていった。

外の気温は0度だそうだ。冷蔵庫より寒い。
100キロはまだ時間があるので競技場の更衣室前の廊下に身を隠す。
少しは暖かいのです。
この更衣室にはロッカーがあり、ここで着替え荷物を入れて行く人も居るようだ。
誰かいないかと周りを見回すが、知り合いはいなかった。
なんか落ち着かないね。

10分前になったのでスタート地点へ。
空がだいぶ明るくなってきた、いい天気になりそうだ。
 2010_0425hujigoko0016.jpg
2010_0425hujigoko0018.jpg
自分の写真を撮っておこうとシャッターを押してもらう。
またこのランナーが親切な人で、何枚も撮ってくれた。
ありがとうございます。

列が出来始め、最後尾へ並ぶ。
MCの方がなんか面白いことを言ったようで皆大笑いしている。

こんな日曜の朝っぱらから大笑いしているのは、外国の通販番組か物好きなランナーだけだろう。

そうして私の100キロの旅は始まった。
 2010_0425hujigoko0022.jpg

その5に続く。
すいません、長くって。

スイマセン、クリックいいですか?
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://jimmyblackpepper.blog20.fc2.com/tb.php/14-9fb9ebc6

Comment

Comment Form
公開設定

◇過去の記事はこちらから

全ての記事を表示する

プロフィール

ジミー

Author:ジミー
走っても痩せない。なぜならば食って、飲んでるから。


【自己ベスト】
2009年 第12回荒川市民マラソン   3時間55分
2009年 第10回谷川真理ハーフマラソン 1時間46分
2011年 第7回いわて銀河100Kmチャレンジ 13時間29分

【初レース】
2005年かすみがうら10マイル
【初フルマラソン】
2006年 第9回荒川市民マラソン    6時間10分

【東京マラソン】
第1回だけ当選しました。土砂降りのこの大会記録は6時間46分
あと14分遅ければ都知事と握手してテレビに写ったのに。
膝が痛くてそんな余裕ありませんでした。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。