スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャレンジ富士五湖100キロ 大会レポ その5

完璧に晴れ渡った、完璧に美しい富士のふもと、
完璧には程遠いランナーであるアタクシは、
スタートの号砲とともに、
わずかな情熱とタップリの皮下脂肪を従えてゆっくりと走り始めた。

さぁ始まった!と盛り上がるもつかの間、
競技場を出る前渋滞し、いきなり歩き。
そういえば新宿シティハーフでスタートの国立競技場を出る際も渋滞してたけど、
その時はみんな殺気立って 押し合いへし合いだった。

ウルトラの場合は渋滞しようが、
今回、20回記念でもらったジャンパーがMサイズしかなく着れなかろうが?(大会批判じゃないですよ~。)
とてものんびりしている……。

そりやそうだよね、あと99.9kmも走るんだから。ここで焦っても仕方がない。
初詣に行きながら、その年の大晦日の年越しそばのことを考えるようなものだ。多分。
アーリーエントリーのTシャツがショボかろうが構わないのだ。 (少し批判~。)

競技場を出た後、まずは山中湖を目指す。
2010_0425hujigoko0023.jpg

森を抜け国道に出る前、最初のエイド。
トイレは混んでいる。まだ寒いからね。
途中排水溝の網のフタがあったが転んでいる人も居た。
金属の網は凍っているようだ。
あのおじさん足は大丈夫だったかな?
お嬢さんだったら手を貸したのに。

後ろにはすっかり明るくなった空に雄大な富士山。
今日は何回見ることになるのだろう。

国道は朝が早いのか車は少ない。
きちんと信号に従い、道路を渡る。
周りのランナーはまだまだ元気で、おしゃべりがあちこちで聞かれた。
余裕だね~。

忍野村の有名写真ポイントでは、桜が満開で多くのカメラマンや
バイクシャツを着たツーリング(自転車ね。)の人々が朝焼けの富士を狙っている。

そんな中を多くのランナーが走っていくのである。
たぶんお互いヒマなやつらだなぁ、と思っている・・・。
(そんな事無いか、ゴメン。)

でも共通するものはあるよね。
みんなせわしない日々の生活があり、この美しいものに触れるという趣味
(もちろんマラソンも。)は全て、日常を潤すためにあるものなのだ。

まぁ100キロは走んなくてもいいと思うけど……。

そして程なく山中湖へ到着。
目の前には真っ青な、本当に真っ青な、
ウソ臭くさえ感じるくらいの青い湖面が目の前に広がっている。
2010_0425hujigoko0024.jpg
なんか贅沢だ。

コースは湖にぶつかり、応援の人に手を振りながら右に曲がる。
お、また出たなっ。
よぉっ、お見事!日本一!
2010_0425hujigoko0025.jpg

モチロン口には出さない。でも言いたくなるね。
裾野まで見える綺麗な富士山。

ゆっくりと、キロ7分を切るくらいのペースで進む。

湖畔を遊歩道や廃墟や釣り人の間をすり抜け、
ママの森の坂を越え、きららの脇を過ぎ、
やがてボーリングのピンが見えてくると
1周12キロの山中湖コースも終わりとなる。

また同じ応援お姉さんに手を振って山中湖に背を向け、
来た道を戻り、遠く離れている河口湖を目指した。
さぁ、これからだ。

国道138号は歩道が狭い。
継ぎ目には細かい起伏があるので足元に気を付けなければならない。
前日受付会場の道の駅、浅間神社を過ぎ、
ハイランド前のエイドに到着。38キロ地点。

おにぎりを2個食べる。
……なんか塩味が足りないな。
その後にカーボショッツを水で流し込むと、
甘いんだか何んだか。口の中はグチャグチャ。

そしてここで夜久さんとお会いすることが出来ました。

私はランナーズステーション(ランステね。)の
ウルトラマラソンプロジェクトの説明会で夜久さんのお話を
お伺いし練習会に参加していたのです。

チーム89(ヤク)Tシャツを着ていたので夜久さんも
分かりやすかったかも知れない。
今回、5人くらい着てる人がいたでしょうか。
でもサロマではかなりの人数でしょう。

これを着ていると自然と連帯感が生まれる。
心強いTシャツです。

「あまり先の事考えても仕方が無いよ。楽しんで。」

有難いお言葉。
夜久さんが光って見えました。別に変な意味ではありません……。

ハイランドを過ぎ右に曲がってしばらく行くとやっと河口湖が見えてきた。
車の渋滞を尻目に河口湖大橋を渡る。
オールスポーツが富士山をバックに写真を撮ってくれるので
周りの人と間隔を開けたいが無理だった。
注意、ランナー多し。犬も歩けば当たる状態。

橋に入る前に間隔を取りましょう。

橋を渡って左折した所のエイドでは私設エイドもあってコーラを出している。
ふと見ると夜久さんだ。
うまそうに飲んでいた……。
その姿、コーラCMいけそうですよ。

フルマラソンの距離は過ぎ、時刻は10時近く、気温も上ってきた。

河口湖の北側を強い日差しに晒されながら黙々と進む。
なんとかペースは保っているがまだまだ先は長い。

河口湖をやっと離れると登り坂が待っていた。
だか私は知っている、着替えポイントである西浜小が近いのだ。
下見をしていて良かったね~。
坂の割には足取りも軽く51キロ地点、西浜小エイドへ到着。12時前。

ようやく半分過ぎました。喜んで良いのか、悪いのか。
預けた荷物を受け取る。ここではまだ着替えは必要ないね。
ウエストバックへのサプリの補充のみ。

アートスポーツの鈴木店長オススメのスペシャルドリンクを作らねば。
ホントに効くのか?効かなかったらもう池袋店には行かないぞ。
荷物から一式を出しシェイカーを(腰では無い。)振っていると、
スタート前に会ったヘンタイOさんと再会。
お~っ、まだまだ元気そうだねぇ。
少し言葉を交わして先に出発していった。

しかし、このスペシャルドリンクは甘い。
プロテインにカーボショッツ、べスパハイパー、アミノバイタル・・・。
ミルクシェイクのような感じ。カキ氷の上に掛けたいぜ。

そして程なく、出発。
休んだので足は軽いはず・・・。
だが私は知っている、ここからとても急な坂が続くのだ。
下見しなきゃよかったね~。
とてもじゃないけど走れる坂ではないのでしばらく歩く。
ホントに急なんだから、短いけどね。

やっとの思いで登りきりトンネルを抜け直進すると、約26時間振りの西湖。
昨日はガソリンを燃やして進んでいたが、
今は情熱か。それとも諦めか。体脂肪は燃えているのか。

でもすぐうどんエイドだ!
くねくねと西湖湖畔を走る。
この時間になると、車が増えてきた。
歩道が無いところもあるので車両には注意しなければならない。

西湖は遮るものが無く風が吹き抜ける所らしいが、
この日はあまり風がなく、相変わらず暑い。

西湖を離れる際、たまらず自販機でコーラを買った。
せっかく?なので買ったのはウルトラマンコーラ。
100円です。小銭は持っていると便利ですね。コンビニ(商店?)もありましたから。

プシュー、ゴクゴク。
いゃー身体に染み渡る、美味い。コーラがこんなにうまいと思わなかった。
夜久さんの気持ちが分かります。CMやれます……。

早歩きしながらコーラを飲み干した頃、
58キロ地点うどんエイドに到着。野鳥の森公園です。12時半頃。

うどん行列!の後ろに並ぶがすぐにもらえた。結構量が入っている。
みんな座ってがっつり食べてるようだけど、俺はそんなに食えないなあ。
先は長いので食べなきゃいけないんだろうけど食欲が湧かない。

さっきコーラ飲んだのがまずかったかな。
4本だけすすって汁は飲んだ。汗をかいていたのでうどんの汁はうまい。

そういえば友人はそばつゆをエイドに置いて欲しいと言ってたな。
私の場合、エイドに枝豆とビールがあったらリタイア率100パーセントだろう。
浴衣を着たおねえちゃんが注いでくれた日にゃ……。それは違う店か。

うどんの味は覚えていない。ただあまり太くなく長くなく、固くなかった。
元気がない吉田うどんだ。(くり返すが下ネタでは無い。)

次は約10キロ先、本栖湖の休憩を楽しみに、まず精進湖へ向けて走りだす。
ただ60キロ近くともなると足が重い。皇居10周を過ぎました……。

その6に続く

面白かったらクリックを~。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://jimmyblackpepper.blog20.fc2.com/tb.php/15-06dcf344

Comment

Comment Form
公開設定

◇過去の記事はこちらから

全ての記事を表示する

プロフィール

ジミー

Author:ジミー
走っても痩せない。なぜならば食って、飲んでるから。


【自己ベスト】
2009年 第12回荒川市民マラソン   3時間55分
2009年 第10回谷川真理ハーフマラソン 1時間46分
2011年 第7回いわて銀河100Kmチャレンジ 13時間29分

【初レース】
2005年かすみがうら10マイル
【初フルマラソン】
2006年 第9回荒川市民マラソン    6時間10分

【東京マラソン】
第1回だけ当選しました。土砂降りのこの大会記録は6時間46分
あと14分遅ければ都知事と握手してテレビに写ったのに。
膝が痛くてそんな余裕ありませんでした。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。