スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君に会いたかったんだ。その1 ~高尾山トレイル~

「あぁ、やっと君に会えた。僕は君の事をずっと待っていたんだよ。」
心臓の鼓動は激しく高鳴ったまま、収まる気配はない。

私は人目も気にせず食い入るようにその姿をじっと見つめていた。

「なんて白い肌なんだ。ガ、ガマンできないよ。」
息を荒くしたまま、汗は滴り落ちていく。
触れてしまったら壊れそうな、
その少し恥ずかしげな姿にもう欲求を抑える事は出来ない。

そのままむしゃぶりつきたいと思った。まるで飢えた野獣のように。

だが私は大人だ。冷静にならねば。
ゆっくり顔を近づける。清廉な香りが鼻腔をくすぐる。
もちろん嫌がる素振りはない。
黙って受け入れるその時を待っているようだ。

「なんて綺麗なんだ。」
息を飲み、そっと、箸を……。

                  ******

7/19(月)奥武蔵のトレーニングのため、また高尾山に行ってきました。
前日行く予定が予想通り起きれなかった。
やっぱり親睦会の酒が残ってたのね。

2010_07190719高尾山0002 
朝7時過ぎに到着。




すでに暑い。前日はさいたまで最高気温が33℃だったけど、
今日も暑くなるのでしょう。
朝、オニギリを2コ食べてきた。決してカレーパンでは無い。

2010_07190719高尾山0003 
ウソみたいな空の色。

2010_07190719高尾山0004 
いつもより30分近く遅いためか、3連休の最後の行楽だろうか、人が多い。

2010_07190719高尾山0005 
すでに、ハイカーが結構登り始めている。

2010_07190719高尾山0008 
写真で見ると涼しげですが、走り始め数分で汗があふれ出します。

2010_07190719高尾山0010 
木陰でさえ暑いんだから、日なたなんて走れないよね。
ん?夏は走らなくてもいいって?
はい、ごもっとも。

2010_07190719高尾山0012  
約40分で高尾山頂。ちょっと雪が被っている夏富士がきれいだ!

ちょうど、さぶろうさんが娘さんと下山している姿が見えたので、
手を振りました~。

2010_07190719高尾山0014 
前回来た時より身体は軽い。前日休足日にしたのが良かったのかな。
前回はひどかったからねぇ。

2010_07190719高尾山0015 
一丁平。
影のコントラストが日差しの強さを感じさせます。
ここで水を補給し、城山は帰りによるので巻いて小仏へ。

2010_07190719高尾山0017 
おっ、余り疲れてないぞ。 また汗でレンズが濡れてたか。

2010_07190719高尾山0020 
小仏を過ぎ影信山へ向かう途中、
かげ信小屋のおじいちゃんとおばあちゃんがエンジン付き運搬車で
登っているところに遭遇。
おばあちゃんは車に座ってる。こうやって登っていくのね。

2010_07190719高尾山0021 
暑い。暑苦しい。どっちだ!?

2010_07190719高尾山0024 
下に見える中央高速は小仏トンネル手前で渋滞中。
皆、富士五湖方面に遊びに行くのかな。
3連休の最終日なので帰りはもっと混むだろう。

2010_07190719高尾山0030 
急な坂を上って、やっと影信山に到着~。

2010_07190719高尾山0027 
ここでも富士山はくっきり。

2010_07190719高尾山0028 
新宿方面を望む。
ヒートアイランドのせいなのだろうか、街の上空はもやっている。

さぁここからは陣馬までそんなにキツイ登りはない。
走るぞー。
2010_07190719高尾山0031  
2010_07190719高尾山0033 
明王峠の茶屋が開いているのをはじめて見た。
この下にはトイレもある。

2010_07190719高尾山0035 
ふっふっふっ。

2010_07190719高尾山0038 
そして、ここを登ると・・・。

2010_07190719高尾山0041 
陣馬山頂に到着!!
あ、あついっ。
木陰が無いので日差しがダイレクトにあたるのです。

2010_07190719高尾山0042 
2010_07190719高尾山0043
やっと来れたよ、久々の陣馬。いやぁ疲れた。
さぁ休憩、休憩。

2010_07190719高尾山0049 
それにしても暑い。
この日練馬で34,2℃だって。

2010_07190719高尾山0050 
10時前くらいだったかな、結構この茶屋も混んでいる。
バス停から登ってきた人たちだろうか。

2010_07190719高尾山0044 
山でしか赤コーラは飲めない。いつもはカロリーゼロの黒コーラ。
カキ氷にしようかと思ったけど、楽しみは城山に取っておこう。

2010_07190719高尾山0047 
さすが富士見茶屋。富士山がきれいだ。
登ったことがないので、一度くらいは登ってみたいなぁ。
モチロン走らなくて、いい。

んじゃ、さぁ帰りますよ~。
帰り道、基本的に下り基調なので幾分かは楽かな。
 
2010_07190719高尾山0036 
2010_07190719高尾山0034
ただ時間が過ぎるてお昼に近づくほど、気温が高くなってくる。
足はまだまだ残ってるけど、次第に動くのが辛くなってきた。

影信山を巻いて、城山へ。
暑いし、飲み物も無くなるし、身体も重くなってくるし、おい・・・危ないぞ?

必死の思いで城山へ。
2010_07190719高尾山0054 
いやぁ、辛かった。死ぬかと思った。水分は多めに持っていかないとダメだね、この季節。

早速カキ氷(400円)とドデカミン(200円)を買う。
あぁ、愛しきドデカミン。
2010_07190719高尾山0051 
2010_07190719高尾山0052 
2010_07190719高尾山0053 
ご馳走さまでした~。

こんなに1人で食べられるかと思ったけど、ペロっと。
なぜカキ氷はレモン味にしたかというと、
少し残してドデカミン入れて冷え冷えを飲み干すためです。
くぅ~っ。
影信からずっとこればっかり考えてた。

ちなみに普通のトレイルランナーはそんなこと考えて走っていない、でしょう・・・。

カキ氷とドデカミンを飲み干すと、(すごい量だな、よく考えると。)
ふっと、身体が軽くなった。
やっぱり熱が身体にこもってたんだね。

厚い脂肪をまとっているのでうまく熱が発散しないのです。

まぁここまでくれば、帰りもあとわずか。(そうでも無いか?)
すでにお気づきの方も多いと思いますが、
私の場合、なんか高尾に来てもトレーニングというよりは食べて飲んでばっかりです。

軟弱ランナーなのです。
早くなりたい人はマネしないほうがいいです。
言わなくてもわかるか。

そして・・・。
2010_07190719高尾山0055 
城山を降りて少し過ぎた頃、汗だくでこの長い階段を登ると、
・・・君に会えた。

やっと君に会えたんだ。会いたかったよ。

その2に続く。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
よろしければ、上のバナーをクリックね!


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://jimmyblackpepper.blog20.fc2.com/tb.php/33-93d4c4d3

Comment

Comment Form
公開設定

◇過去の記事はこちらから

全ての記事を表示する

プロフィール

ジミー

Author:ジミー
走っても痩せない。なぜならば食って、飲んでるから。


【自己ベスト】
2009年 第12回荒川市民マラソン   3時間55分
2009年 第10回谷川真理ハーフマラソン 1時間46分
2011年 第7回いわて銀河100Kmチャレンジ 13時間29分

【初レース】
2005年かすみがうら10マイル
【初フルマラソン】
2006年 第9回荒川市民マラソン    6時間10分

【東京マラソン】
第1回だけ当選しました。土砂降りのこの大会記録は6時間46分
あと14分遅ければ都知事と握手してテレビに写ったのに。
膝が痛くてそんな余裕ありませんでした。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。