スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茅ヶ崎に背を向けて ~1/23湘南国際マラソン~

2011_0123湘南国際0122   

本当に今までありがとう
寂しいねこれから先
だって見慣れた街、後にするの

誰よりも信じているから
言わないでその言葉は
だってあなたのことわからないわ
Oh!baby 今夜は雨はないだろう
Darlin’ Let me see your smile

さらば背を向け茅ヶ崎
責めないで、せつない胸
だって今夜はほら、ここで二人

Oh!baby 今夜はこれでいいだろう
Darlin’ Won't you see my way

<茅ヶ崎に背を向けて/サザンオールスターズ>

サザンのデビューアルバム『熱い胸騒ぎ』(1978年)の
A面(懐かしい言い方!)の最後の曲です。

知ってる?

桑田佳祐が初めて書いた曲と言われています。

私サザンの熱狂的なファンだったんです。
私がサザンをアルバムをリアルタイムで聞いたのは、
中学生の頃『ステレオ太陽族』(1981年)だっただろうか。

さて、話題が古くなるぞ。若い衆、ついてこれるかな?





サザンのシングルは『勝手にシンドバット』や『いとしのエリー』など、
ベストテン(黒柳徹子と久米宏だ!)なんかでなんとなく聞いてたけどね。

でも何も知らないウブな埼玉のいなか中学生に、
このアルバムは衝撃で“大人への目覚め”だった。

それまではオフコースなどのポップスや
(『YES YES YES』と言う曲ではうっすらと女性の声が入っていると噂になったものだ。)
松山千春に
(小さな 窓から 見える この世界が 僕の全て 『窓』ね。)
代表されるフォークソングのような音楽を良く聞いていた。

いわゆる、参考書を開いていたまじめな中学生が、
サザンというドぎついビニ本!(ビニール本のこと。昔そういうのがあったのです。)
を見てしまったかのような衝撃だった。

サンヨーのモノラルラジカセ
(スピーカーが一つのラジオカセットプレイヤー)に
LP(LPの説明をしなければいけないのかっ。)
からダビングしてもらったカセットテープ
(カセットにはノーマル、クローム、メタルという種類がありました。)
を入れて鳥肌を立てながら聞いていたものだ。

私はテレビよりは“ラジオっ子”だったのでFMで流れるサザンも
よくエアチェック(ラジオを録音すること)していた。
ちなみにその頃エアチェックが流行っていて、『FMステーション』と言う雑誌で
番組を調べたり、表紙の鈴木英人のイラストをよく真似したり。
付録はもちろん鈴木英人のイラストのカセットレーベルだ。

この『ステレオ太陽族』
(太陽族という言葉が流行った時代なのです。今の都知事の小説で。)
というアルバムの中には良い曲が多いのですが、
『素顔で踊らせて』の
“唇を奪い取るよりは、一言のため息が混じるおしゃべりでいいわ”
の歌詞には大人の恋を想像させ、
ほっぺの赤い鼻水を垂らした田舎中学生の妄想を掻き立てた。
(この曲はコマーシャルソングで、桑田氏が自ら出演した女性の生理用品のCM
『偉大なる女性に感謝!』という台詞で有名になりました。 )

あと、『栞のテーマ』という曲を聞いては
“彼女が髪を指で分けただけ、それがしびれるしぐさ
心にいつもあなただけを映しているの”

という歌詞に感動し、夜、布団中に潜って勝手にしびれていた・・・。

湘南サウンドというと、さわやかな夏をイメージさせるが
サザンのそれはとても泥臭い匂いがする。
どちらかというと暗い、と思う。
特に『ヌードマン』(1982年)以前は。

桑田氏の性格なのだろう。

今でもサザンのその頃の曲を聴くたび、当時の風景や感じた事、
セピア色の思いが蘇ってくる。

正直、今のサザンを聞いても昔のように心を動かされることは無い。
それは桑田氏が変わったのか、私が年を取ったのか・・・。
若い時というのは、誰でも因幡の白うさぎのような、
ひりひりとした痛々しい敏感な皮膚を持っていたのかもしれない。
 
ちなみにサザンの中で一番好きな曲は『シャ・ラ・ラ』(1980年)だ。

ここまでサザンについて熱っぽく語ってきたが、
湘南という場所に行ったことが無い。
・・・ハハハ。
稲村ガ崎にはるか昔、ちょこっと行ったくらい。

私はマラソンをする前は釣り(主にルアーフィッシング)に熱中していて、
関東近辺の港はほぼ行ったが、相模湾沿岸には行った事がなかった。
高速や渋滞の関係だか、
どこか湘南に憧れ、その為近づきにくい場所だったのかもしれない。

ふぅ、相変わらず長い前置きだ。
本当に大会レポートなのだろうか・・・。

と、いうわけでジミー少年憧れの湘南を1/23(日)走ってきました。
2011_0123湘南国際0001 
さいたまから埼京線の始発で池袋、ここで1分間しかない山の手線への乗り換えで
指定を取ったマラソン列車が出る新宿へ。
池袋での乗り換え時間が1分だけだというのは大会1週間前に気づいた・・・。
湘南って遠いのね。

2011_0123湘南国際0011 
2011_0123湘南国際0003 
まだ朝早く、どのホームも閑散としているのだが
この臨時列車のホームだけランナーで人がいっぱい。

列車の中で2回トイレに行った。
朝、家でズバッとしてきたのにおかしいな、またか。
ちょっと腹がゆるい。
2011_0123湘南国際0004 
その時にはこれから始まる悲劇が予想だにしていなかった。

2011_0123湘南国際0005 
二宮駅はランナーでごった返している。
だが適所にこれでもかと言うくらい警備員がいて、人の流れを整理しているので
うわさに聞くような混雑はなかった。

kako-ptzQ8smA1Jdq6dnI.jpg  
駅の階段を下りると、大磯行きの臨時バスの行列。
もちろん歩いて行く人も多かったが、友人からの情報でバスに乗ることに。
行列が長く心配したが、バスの台数が多くて3,4台待っていたので列は思ったより進む。
結局15分待ち位で乗車できた。

バスで約10分ほどで大磯プリンスホテル前に到着。2011_0123湘南国際0014
気温は低く寒いんだけど、風は全く無い。
日があたると暖かい感じ。

会場へ向かう途中、看板に富士山が見えると書いてある。
2011_0123湘南国際0016 
そこで写真を真剣に撮ってたら、SWRCの仲間に声をかけられる。
怪しいやつだと思って見たら、私だったらしい・・・。

8時前、メイン会場に到着。
2011_0123湘南国際0020 
2011_0123湘南国際0024 
会場は思ったより狭く、人の多さやステージを見てる人でなかなか前に進まない。

2011_0123湘南国際0025 

時間もあまり無いので、さっさと脱いでバックに積め荷物預けに。
ナンバーカードやチップは事前に郵送されていたので、家で着けて来ました。
2011_0123湘南国際0027 
この荷物預けが大混雑。人数の割りにはあまり広さがないんだよね。
この中に更衣室もある。

荷物を包むビニール袋もおしゃれだ。
2011_0123湘南国際0026

2011_0123湘南国際0028 
タイトル 『ランナーと海』
やはり、すごい人だ。

2011_0123湘南国際0029 
2011_0123湘南国際0030 
トイレは数が多かったので、列は長いが比較的スムーズだった。

2011_0123湘南国際0033 
2011_0123湘南国際0034 
スタート前、会場内の指定の場所に並びます。
私はCでした。

ただスタート地点はまだ結構先。
Aから順番にスタート地点へ移動しますが、なぜかみんな走る・・・。
2011_0123湘南国際0036 
これからイヤって程走るのに。

2011_0123湘南国際0045 
もうすぐスタート。中央分離帯の上に立って撮影したりして。
今思えば元気だな。

スタート!とはいいつつ、スタートラインまでは時間がかかった。
2011_0123湘南国際0052 
2011_0123湘南国際0054 
長谷川理恵は綺麗だな。
そんなに年上じゃなくても、いい男いますよ~、ここに。

でも金も名誉も石原軍団でも、ないっす。
2011_0123湘南国際0064 
2011_0123湘南国際0062 
2011_0123湘南国際0067 
『烏帽子岩が遠くに見える~♪』(チャコの海岸物語/1980 年)
うっすらと江ノ島も見える、はず。

2011_0123湘南国際0069 
南アルプスの天然水、おいしかったっすよ。

『あれ、バルタンさん!年の瀬と先週のフロストバイトに居ませんでした?』
2011_0123湘南国際0072 
『ハイ・・・。』
ペースが速く先に消えていきました・・・。

今回ダラダラ走ってもしょうがないので、テーマを。
今の自分の実力を知るために、
『ツッコミ気味でどこまで行けるか?』
サブ4ペース、キロ5分20秒くらいで走ってました。

バルタン、ドンだけ早いんだ・・・。

まぁ、このペースがあとで身体に・・・。
2011_0123湘南国際0076  
2011_0123湘南国際0084

友人が茅ヶ崎で応援するってメールが着てたけど、
茅ヶ崎がどこだか分からない・・・。
2011_0123湘南国際0091 
人が多いところは駅に近いんだろうな、きっと。

ここにいた!
とても怪しい人達なのですぐ分かった。
kako-Vg6zhG1KdnLKFJcI.jpg 
しょうがない、せっかくだからモザイクつけて掲載しようか・・・。
モザイクつけると、とても怪しさが増す。

なんてね。お二人ありがとうございます!

2011_0123湘南国際0093 
 2011_0123湘南国際0096 
『江ノ島が見えてきた 俺の家も近い
行きずりの女なんて 夢を見るよに忘れてしまう』
(勝手にシンドバット/1978年)


2011_0123湘南国際0098 

折り返し。
そういえば、一直線だっだね・・・。
2011_0123湘南国際0102 
荒川市民マラソンと一緒なんだけど、なんでこう印象が違うんだ?
湘南という場所柄?海と川の違い?

いやいや、私は荒川は大好きですよ。ホームコースだし。
毎年出てるし、エイドも豊富だしね。
家も比較的近い。
2011_0123湘南国際0103 
そういえば○イキは去年か一昨年か忘れたけど、荒川市民マラソンからおりたね。

その前の年からおりるといううわさは聞いてたけど。
2011_0123湘南国際0106 
荒川は○イキのイメージに合わないから、とか。

もちろんうわさ、ですよ・・・。
2011_0123湘南国際0108 
イメージってなんだ?
確かに湘南はおしゃれなイメージだけど。

荒川だって素晴らしい大会だ。
30キロ過ぎのシャーベットエイドは、冷たくて暖かい。
『ホントは1人1個って言われてんだけど、もっと食べてって~。
せっかくここまで走ってきたんだから。』
タイムを狙ってたって、このカップシャーベットを走りながら食べる。

この暖かさは企業イメージに合わないのか?

・・・まぁ、いいか。○イキもがんばれ。

変態O氏を発見。
kako-pAkEE0gp8miNv7NS.jpg 
どこで応援してるとか聞いてないんだけど、なぜか見つけられた。
やっぱりモザイクをつけると怪しいね。

富士山がうっすらと見えてるんだけど・・・。
2011_0123湘南国際0114  
2011_0123湘南国際0115 
この頃から横隔膜の上のあたりがズン!と圧迫されたような感じ。
胃痛らしい。
なぜ分かったかというと、この先のエイドで吐きました・・・。
トイレにに10分ばかりこもる。
上から、下から・・・。

実は、月曜の夜に悪寒がして、火曜は熱が出て会社を休んだんです。
下痢が続いて、胃が激しく痛んだ。
どうやら胃にくるウィルス性の風邪らしく、この日も抗生物質を飲んできたけど。
でもこの日まで下痢は治まらず。

それ以外は熱も下がったし、食欲もあったし、治ったと思ってたんだけど。

て32キロまではサブ4ペース。
この先10キロをキロ6分で行っても間に合った。

でもオーバーペースだったんだね。
それで胃に血液も回らず負担がかかったんでしょう。

32.5キロ地点のエイドは第4関門でもあり、収容バスが並んでいる。
どうしよう・・・?
2011_0123湘南国際0116 
まだ時間もあるし、歩いても間に合うか・・・。

上下動が胃に響く。
ここから地獄の10キロが始まった。
2011_0123湘南国際0118 
ウルトラの最後のほうだと思って、練習だ!と割り切る。

歩いたり走ったりしてると、さぶろうさんに声をかけられました。
まさか、またもや、こんなところで・・・。
なんか縁がありますね~。
さぶろうさんは故障中だから分かるけど、私は恥ずかしい限り。

でも話していると気が紛れて助かりました。

2011_0123湘南国際0120 
空が明るくなり、海風が瀕死のランナーを慰めてくれる。

2011_0123湘南国際0121 
2011_0123湘南国際0123 
『移り気なあなたに 抱かれてしびれた ほんのチョットだけで
こんな気持ちになるなんて 悪い人だと思うけど
shalala 夢のように暮らしたものさ 心から恋してる

海辺へ通う道 真夏の出来事 ほんのチョットだけで
心変わりがするなんて 他の誰かを愛してる
shalala 見つめ合ってその気にさせて 今頃はどこにいる』
(海/1983年)


1回ゴールの会場の前を通り過ぎて、
その先を折り返すのがドMランナーにはたまらないだろう。
2011_0123湘南国際0126 
2011_0123湘南国際0128 

残り1キロ。
2011_0123湘南国際0129 

やっと戻ってきた。前の橋の上がスタート前並んでいたCのところ。
2011_0123湘南国際0132
左折すると・・・。

最後の最後で急な登り! なんてこった!
2011_0123湘南国際0133 
2011_0123湘南国際0134 
2011_0123湘南国際0137 
やっと、やっと、なんとか、無事?ゴールしました。

いやぁ、疲れた。
残り10キロがこんなに長いとは。
自分史上、厳しかった大会トップ3に入りました・・・。

荷物を引き取り、更衣室で着替えて仲間とも合流。
みなさん、元気でいいっすね。

会場からバスで大磯へ。
大磯からこちらの駅へ電車移動。
2011_0123湘南国際0143 

ひばり湯で入浴。いやぁ、走った後の風呂は気持ちいいっすね。
結構ランナーいました。
2011_0123湘南国際0145 
この後、みなさんで近くの居酒屋へ。
胃の調子が悪かったので、生ビール5杯で止めときました。
なかなか私も、賢いでしょう?

そんなに褒めないでください。

こんなレースもありますよね。これも一つの経験だ。
2011_0123湘南国際0140 
お疲れ様でした。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

コメントもお待ちしております~。
一番下のcommentをクリックしていただくと、フォームが出ますので。




スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://jimmyblackpepper.blog20.fc2.com/tb.php/55-ce149ba7

Comment

さぶろう | URL | 2011.02.07 18:41
写真が多いとよみがえりますねー。
残り10kmは地獄でしたね。私もですが。
ウルトラってあんな感じなんですか?
コワいわー。
ジミー | URL | 2011.02.07 20:23
あんな感じです。
ここだけの話ですが。

声を掛けていただいてありがとうございました。
Comment Form
公開設定

◇過去の記事はこちらから

全ての記事を表示する

プロフィール

ジミー

Author:ジミー
走っても痩せない。なぜならば食って、飲んでるから。


【自己ベスト】
2009年 第12回荒川市民マラソン   3時間55分
2009年 第10回谷川真理ハーフマラソン 1時間46分
2011年 第7回いわて銀河100Kmチャレンジ 13時間29分

【初レース】
2005年かすみがうら10マイル
【初フルマラソン】
2006年 第9回荒川市民マラソン    6時間10分

【東京マラソン】
第1回だけ当選しました。土砂降りのこの大会記録は6時間46分
あと14分遅ければ都知事と握手してテレビに写ったのに。
膝が痛くてそんな余裕ありませんでした。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。