スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青梅マジック、を体験した日 ~2/20青梅マラソン~

kako-Axm8fSoX09pQlkRc.jpg    
青梅マラソンは恐ろしい大会だ。

その仕掛けは巧妙に出来ている。

スタートし、青梅街道を30キロ走って戻ってくると、
いつも間にかこの青梅の街が好きになっているのだ。

とても自然に。

まるで美しく妖艶な女性に出会ったかのように、
気が付くと心はすっかり奪われている。

青梅マラソンが結婚詐欺師であったならば、
私はなんの疑いも無く財産を差し出したであろう。

だが、マラソン大会が結婚詐欺師である訳も無く、
私に財産もある訳もなく・・・、ハイ。

ただフィニィッシュゲートを駆け抜けた時、
自分はこの青梅マラソンという祭りの一部なのだと気づいた。

河辺駅から続く様々な屋台や、
片道15キロの沿道に途切れない声援、
淡い色の梅の花、
我々を鼓舞する太鼓の音、
楽しそうに手を振る地元の方々、
笑顔にあふれる私設エイド、
ちっちゃな子が差し出す飴玉、
青梅路を疾走するランナー。

全てがこの祭りを構成する分子であって、それらが巧みに絡まり、
2重のらせん構造となって、
この遺伝子が19767年から45年間、受け継がれてきたのだ。

東京マラソンなんてまだまだひよっこだな、
足元にも及ばない。

この大会が長年人気がある訳は参加して初めて分かった。
「温かい」のである。

私はこういう人の温かみがある大会がたまらなく好きだ。





2011_0220青梅0003 
2/20(日)朝、河辺駅を降りると凄い人。 この駅もそんなに大きくないからねぇ。
どれくらい混むか事前に友人に聞くと、「湘南の二ノ宮駅くらい。」
なるほど・・・。

でも9時過ぎに着きましたが、想像していたほどでもなかったっすよ。
時間が早かったかな?モチロン混んではいたけど。

軍手が50円で売ってた。
2011_0220青梅0004 
これを見て感動してたんですよ。
絶対グローブ忘れる人っているから、50円で買えるのはうれしい。
お店の長年の経験なんでしょうね。

駅から徒歩10分弱、河辺小学校で受付。 
kako-egrGO8k6GkjRtQXr.jpg  
2011_0220青梅0007
参加賞のTシャツを受け取る。
Oサイズのブースの前は空いていた・・・。
「ランナーでOサイズ受け取る人って少ないよねぇ。」
受付のお嬢さんに聞くと苦笑。 くびきのと同じパターンだ、やれやれ。

ナンバーカードが入ってる袋は隅に穴を開けて針金でくくってるんですね。
2011_0220青梅0009 
該当ナンバーがあったらちぎって渡す。
これなら順番が入れ替わらず、ばらけ無い。

受付後、病院の地下に直行しました。
フィニッシュゲートからは体育館が近いんだけど、
早く行かないと更衣室に入れず、廊下にも人がいっぱいらしい。
2011_0220青梅0015 
2011_0220青梅0014 

地下1階、2階とあり結構快適なんです。
当日は暑いくらいの気候でしたが、寒い時は助かるね。
風も来ないし。
2011_0220青梅0012 
中にはちゃんと男性用、女性用の更衣室がある。

受付で参加者名簿の新聞やチラシが入っている袋をもらった。
こんな形はじめて見た。
2011_0220青梅0011 
実用性は無いだろな・・・。

私のブロックは本当はもっと前だったんだけど、
前の日もたんまり走っているということで、最後尾36ブロックへ。
友人の7さんがヒザ痛なのでここから一緒にゆっくり行きましょう。
2011_0220青梅0017 
係員の人が言ってた。
「ここは抜かれる心配ないですから、ガンガン抜いちゃってください。」

11:30スタート。
スタートしても、スタートラインはずっと先。
2011_0220青梅0018 

ハイ、まだまだ。
2011_0220青梅0019 

やっとここまで来ました。10分ちょっとくらいかな?荒川市民マラソン並だ。
谷川真理と青梅市長と・・・。
2011_0220青梅0023 
本当は横綱白鵬がスターターだったんだけど。
見たかったなぁ。
 
2011_0220青梅0025
常設の標識。常設ですよ!

スタート直後は人が多く、走れたもんじゃない。
通勤ラッシュ時の駅のホーム並。
流れに沿ってゆっくりと。
2011_0220青梅0026 

ミニおうめくんがいた。おうめ君ってこの大会のマスコットキャラクターね。
うわさではデカイおうめくんもいるらしいけど・・・。
kako-Ek8SnSUxSwFHsCqD.jpg  

ピーポ君も応援。ピーポ君は警察のキャラクター。
2011_0220青梅0028 

ピーポ君の妹だそうだ。その隣の黒いのはなんだろう?
2011_0220青梅0029 

国税電子申告e-TAXの「イータ君」というらしい。
kako-aIUUzCrGPPIYdV5b.jpg 
2011_0220青梅0032 
東青梅駅の駅前の梅。

このおじいちゃんは有名人なのだろうか?
衣装もバッチリ決めて、手に花束とステッキを持って座っている。
なんとなく、チャップリンみたい。
2011_0220青梅0033 
不思議だ。

コースはここで鍵の字に曲がります。
必ず渋滞するポイント。この人数だからねぇ。
kako-vh0CketZkymRQ3ly.jpg  
通称「ふとんクランク」コーナー。勝手に私が呼んでるだけだけど。

なぜふとんなのか?

その入り口、賑やかな太鼓の応援団1つ目。
2011_0220青梅0035 

ここは道幅が極端に狭く、電柱などランナーがぶつかって怪我をしないように
布団が巻いてあるんです。
2011_0220青梅0037 
2011_0220青梅0038 
2011_0220青梅0040 
干してるんじゃ、ないよ。
こんな光景始めて見た。

またもや太鼓。なんか女性がかっこいい。
いなせだ!
2011_0220青梅0041 

ふとんクランクを抜けると青梅駅が近づいてくる。
2011_0220青梅0045 
2011_0220青梅0042 
2011_0220青梅0044 
2011_0220青梅0048 
2011_0220青梅0050 
2011_0220青梅0051 
青梅駅近辺はこんなレトロな町並みを作ってるんですね。
駅もそう。こちらの記事、参照。

青梅駅前を過ぎると、だんだん山が迫ってきます。
ここから小刻みなアップダウンが。
kako-cYhYLPtLaWvktflp.jpg 

日向和田駅近辺になると梅の花が多くなる。
kako-WInLho2u1I5Hj78G.jpg 

「吉野梅郷」は駅から徒歩15分。
3月末まで梅祭りやってるそうです。
一度行ってみたかったんだよねぇ、その後は沢井で日本酒を・・・。
kako-Xz1IenmQUh254GhN.jpg 
梅を見てる間に、ヒザ痛の7さんはとっとと先に行ってしまった。
あれ?、速い・・・。

ズラッと並ぶ太鼓は圧巻。
帰りはヤクルトがもらえるって。
2011_0220青梅0059 

まだまだランナーがひしめいている。
最後尾ブロックからスタートしたせいか、ペースがあまりにも遅い。
キロ6分ちょっとくらいだろうか。
2011_0220青梅0060 
けど間をぬって走るのも大変だし、このままでいっか。

進むほど刻々と風景が変わってきて、走っていて楽しい。
2011_0220青梅0061 
2011_0220青梅0066 
2011_0220青梅0069 

前方の山にはまだ先週の雪が残っていた。
ここはアルプスだ、と思い込んでみる。
2011_0220青梅0073 
でも行った事ないし、やっぱり東京都だし・・・。
トップランナーはすでに折り返している。

御嶽駅。すごい人。
kako-3NLv1Wap5X2vY22D.jpg 

しばらく進むと、折り返したランナーがどっと来た。
すれ違うアミノのランナーに声掛けてたら、
逆にランステサポーターのナカジさんに声掛けられた。
kako-geLqQmrFnXy13D5f.jpg
なんかうるさいヤツがいるなぁ~だって。
声でかいんですよね、態度は小さいんですけど。

その後も仲間に見つけられ、声を掛けてもらう。
しかしよくこの人ごみで分かるな?
ひょっとして、声だけでなく、身体が、でかいのか・・・?
2011_0220青梅0080 
デカイのかぁ~。

折り返しの看板。常設ですよ!
2011_0220青梅0082 

ようやく折り返し。
これから一路青梅の街に帰ります。
2011_0220青梅0084 
そう、なんか自然と”帰る”という感じになってる。
帰ろう!

帰りは基本的に下り基調です。
そろそろ人もバラけてきたので、下り坂に任せて飛ばしてみる。
2011_0220青梅0086 

でも後半ペースアップするのって勇気入りません?
2011_0220青梅0089 
スーパーの閉店間際に半額で買った牡蠣フライを
2日後冷蔵庫で見つけて口に入れるときくらい、勇気がいる。

梅の花と柚子の木。
2011_0220青梅0092 

オキナワンな応援団。
2011_0220青梅0093 
走り去りつつも、手だけはリズムに合わせて踊ってみた。
あのクネクネするやつ。
「ハイヤ、サ~サ~。」

あっ、ヤクルトもらうの忘れた。
2011_0220青梅0096 

でっかい梅干らしい。手作り感が満載。
2011_0220青梅0097 

これらの様々な景色がめまぐるしく変わる感じは、きちんとストーリーになっていて
すでに私は魔法にかかっている。
旅をして自分の街に帰ってきたかのような錯覚に陥っていた。
2011_0220青梅0098 
こんなに多様な表情を見せてくれる大会はあっただろうか?

御神輿が参道を通るがごとくランナーが駆け抜け抜け、それを観客が見守る。
そして私は右側の大阪焼きに少し気を取られる。
2011_0220青梅0101 

そしてフイニッシュゲートに吸い込まれていく不思議な感覚。
下り坂だから、という説もあるが・・・。
2011_0220青梅0102 

このゲートの風船も面白いですよね。
以前ルイヴィトンとコラボしてた村上隆チックな飾りつけ。
2011_0220青梅0104 
あ~、楽しい30キロでした。(Qちゃん風に独り言。)

完走賞であるストラップをアメリカンな女性からもらった。 
2011_0220青梅0107 

そのまま進むとランナーにうれしいサービスが。
2011_0220青梅0108 
2011_0220青梅0109 

スタートが11:30なので走り終わるとお腹が空くんだよね。
オニギリのサービス。
2011_0220青梅0110 
もちろん中身は、梅。当たり前だよね。

あとアクエリアスね。
2011_0220青梅0111 
ありがとうございました。

この後友人と合流し歩いていると突然、参加賞のストラップを失くした!と言う。
元の場所に戻ったらあったんだけど、毎年集めている重要なものらしい。

自分的にはいらないかなぁと思ってたんだけど。
病院地下に戻って着替えていると、
偶然にも別の知人が去年のストラップを自慢げに見せてくれた。
2011_0220青梅0112 
毎年、参加している証なのね。
皆この大会を楽しみにしているのが良く分かった。

一度参加したら止められない大会なのは間違いない。
いつの間にか、私も来年の大会がとても楽しみになっている。

誰だってお祭りの前はウキウキするものなのだ!


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

コメントもお待ちしております~。
一番下のcommentをクリックしていただくと、フォームが出ますので。

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://jimmyblackpepper.blog20.fc2.com/tb.php/59-aa4a34bd

Comment

キャプテンe | URL | 2011.03.10 23:06
うゎ~、すごい人、都会だ。ちなみに今度のキャプテンのレース、山間部でのマイナーフルマラソンで、参加者も応援者もかなりさびしい予定です。嫌いじゃないけど。
にしき | URL | 2011.03.11 00:53
完走賞のストラップ、自分も今回で二つ目で、ちゃんと携帯に二つ付けてますよ。何故か青梅は好きですね。幸い二回とも晴天に恵まれたからか・・いや、やっぱりあのお腹に響く和太鼓か・・とにかくあの雰囲気はたまりませんね。
ジミー | URL | 2011.03.14 20:32
キャプテン、

その大会、男っぽくっていいじゃないっすか?
それで3時間6分ってのも凄い。
例の走法無しでも早い!
ジミー | URL | 2011.03.14 20:35
にしきさん、

やっぱりストラップつけてますか!
あの大会はクセになります。
景色も言いし。
青梅線沿線はいいですね~。
ドタバタ | URL | 2011.03.14 21:06
青梅マラソンが有名なのは知っていましたが、参加者が多すぎるっていう声もあって、敬遠していたんですよ~(汗)

でも、楽しそうですね!
来年は出てみようかな。

ふとんクランクも見てみたいし(笑)
ジミー | URL | 2011.03.14 22:29
ドタバタさん、

私もそうだったんです。人が多いイメージ。
ブログが無かったら走ってない・・・。
でも、絶対おすすめです。
来年は布団に抱きついて写真撮ります。(笑)
Comment Form
公開設定

◇過去の記事はこちらから

全ての記事を表示する

プロフィール

ジミー

Author:ジミー
走っても痩せない。なぜならば食って、飲んでるから。


【自己ベスト】
2009年 第12回荒川市民マラソン   3時間55分
2009年 第10回谷川真理ハーフマラソン 1時間46分
2011年 第7回いわて銀河100Kmチャレンジ 13時間29分

【初レース】
2005年かすみがうら10マイル
【初フルマラソン】
2006年 第9回荒川市民マラソン    6時間10分

【東京マラソン】
第1回だけ当選しました。土砂降りのこの大会記録は6時間46分
あと14分遅ければ都知事と握手してテレビに写ったのに。
膝が痛くてそんな余裕ありませんでした。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。