スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オワリハ ハジマリ ~4/30チャレンジ富士五湖100キロ その2~

さて翌朝3時半、私と112キロの2人は
同宿のひよこさんの車に乗っけてもらって北麓公園に到着。

ここで驚いた、3時半で公園駐車場は満車・・・。
2011_0501チャレンジ富士五湖0086 
去年は10分早いくらいだったけど、まだ空いてたな。
どうしちゃったんだ?みんな前泊しないで車で来たのか?
来年は駐車場の開門待ち、決定だな。

私と112キロの2人はここで降ろしてもらう。
ひよこさん夫妻は車を少し離れたドギーパークへもって行く。
・・・スイマセン。

体育館前でA地点、B地点へのトランジットの荷物を預ける。
2011_0501チャレンジ富士五湖0087 

そして体育館へ。
2011_0501チャレンジ富士五湖0089 
外は寒いのでここで準備。去年も思ったがココは土足厳禁なのでスリッパが必要。
靴脱いで歩いてると、足から冷えます。
準備がいい人はシートを敷いて、その上にもう一枚厚いシートを敷いてそこに座ってます。

トランジットでない、ここで保管してもらう物を預ける。
2011_0501チャレンジ富士五湖0088 
アーリーエントリーのTシャツやスタッフジャンパーの今年のデザインはいいね。

そうこうしているうちに、112キロの部のスタートの4:30になりました。
2011_0501チャレンジ富士五湖0091 
まだ暗いが富士山はうっすらと見えている。
この時間の富士もまた威厳があって、神秘的で、とても好きな風景だ。

ここが露天風呂で、こんな風景を眺めながら温泉につかってたら、
升酒何杯でも飲めるな・・・。

でも酒を飲むわけにはいかないらしい。
走るのだ。





さて、112キロのツワモノどもの夢の始まり。
2011_0501富士五湖0096
 
変態うじゃうじゃ。みんな楽しそうでした。

一通り見送った後、みんな建物の中に避難します。
去年ほどじゃないと思うけど、結構寒い。
2011_0501富士五湖0097 
おしくらまんじゅうで、この中は暖かいのです。
で、この間に空は徐々に明るくなってきた。

スタート前、なんかさえない、男らしくないワタクシ。
2011_0501富士五湖0100 
万全で走りたかったなぁ。考えたって仕方ないけど。
去年は本当にワクワクしていた。
しかもなんと!1歳若かった・・・。

「ニューヨークへ行きたいかぁ!」
「おう~。」
2011_0501富士五湖0106 
くびきのでも書いたな・・・。どこでも、おぅ!ってやるもんだ。

この寒いのに、半袖半ズボンだ、にゃ~。
2011_0501富士五湖0111 

坂本さん、去年居たっけ?
寛平ちゃんに付き合ってたから、いないか。
2011_0501富士五湖0112 

いい言葉だ! 好みのタイプだし。
2011_0501富士五湖0113 
隣のタイ焼き君じゃないよ。

北麓公園を出発し、しばらくはこんな感じです。
まだ人が連なっている。
2011_0501富士五湖0117 
そのうちバラバラになっちゃうけどね。先は長いし。
まだまだおしゃべりの声も聞こえて、みんな元気です。

しかしまぁこんだけの人が100キロ走ろうとしてるんだからね、すごいことだ。

2011_0501富士五湖0120 
でも私は、キロ7分でさえ走れない・・・。どうなることやら。

最初のエイドの前、写真ポイント。
振り返るとヤツがいる。知らない人はびっくりする。
2011_0501富士五湖0122 
富士の麓を走っている事を実感。素晴らしい景色だ。
ここが露天風呂だったら・・・。

昨日たらふく飲んだふじやまビールの脇を通り、
2011_0501富士五湖0125 

国道を信号に従って渡って、忍野に向かいます。
2011_0501富士五湖0130 

ここも有名な写真ポイント。
なんか天国への道のよう。
2011_0501富士五湖0131 
その前に地獄があるのか・・・。

そして「丸天」前。
今年はカメラの三脚が少ないようだ。
2011_0501富士五湖0141 

ここからは、こんな風景が見えます。完璧でしょ。
2011_0501富士五湖0135 
青空と山頂の雪と桜と干し柿の色彩のコントラスト。心を奪われる風景。
うん、何杯でも飲める。

ゆっくり写真を撮った。
2011_0501富士五湖0139 
なぜならこの手前、8キロ付近ですでに腰が痛くなっている。

休憩がてらなのです。
2011_0501富士五湖0144 
この先の10キロのエイドでもうリタイヤしようと思った。
ここで無理して、しばらく走れなくなったら元もこうもない。

でも、こんなとこに収容車が来るのか?
まだ10キロだぜ?
2011_0501富士五湖0142 
リタイヤ慣れしてくると余計なことを考えてしまう。

とりあえず山中湖まで来た。 仕方ない、いけるトコまで。
2011_0501富士五湖0145 
右から回って、左から帰ってきます。

去年も同じような写真を撮りました。
今年もお見事です、山中湖&富士山&晴天。
2011_0501富士五湖0147 

このボーリングのピンは遠くからでも見えます。
2011_0501富士五湖0149 

山中湖から魚が飛び跳ねてました。
2011_0501富士五湖0150 
・・・。

19キロ付近のエイドでキノコの山をつまみつつ後ろを振り返ると、
2011_0501富士五湖0151 
またいたな。油断ならないぜ、コイツ。

走れ走れと追い立てられている。

でもキツイ。腰もそうだが、息が続かない。
体調が戻ってないんだな・・・。

そういえばジョンレノンも歌っていた。
2011_0501富士五湖0153 
「空が青いから、僕は悲しくなるんだ。」

長い坂を2つ上り、下り、なんか撮影している横を通り、
2011_0501富士五湖0155 
こんな景色を横目に足を進めていく。

私はかなり後ろのほうを走っているのだろう。
辺りのランナーはまばらだ。

普通、ハーフを過ぎフルを過ぎウルトラになっていくが、
もうこの時点でウルトラな感じ。

腰も限界、ガマン大会。
なんだか悲しいやら、苦しいやら、情けないやら。

もう「チャレンジ富士一湖」でいいんじゃないか・・・。

その3に続く。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

コメントもお待ちしております~。
一番下のcommentをクリックしていただくと、フォームが出ますので。

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://jimmyblackpepper.blog20.fc2.com/tb.php/63-1e9db654

Comment

さぶろう | URL | 2011.05.25 18:35
ついにキター。
ジミーさんの富士五湖レポ、楽しみにしてました。
自分も走ったから、その時の風景や気持ちが
蘇ります。
続き、楽しみにしてます。
ドタバタ | URL | 2011.05.25 22:56
麓からの富士

山中湖からの富士

ともにきれいでしたねー!

ホントに素晴らしいコースでした。


その3、待ってまーす!
ジミー | URL | 2011.05.29 22:14
さぶろうさん、
なんだか、書くの大変です・・・。
でも書くと自分が思っていたことが明確になるんですね。
もう間もなく作業も終わるはず。
ジミー | URL | 2011.05.29 22:22
ドタバタさん、
ありがとうございます。
本当にきれいでしたね。
富士山を見るたび日本人で良かったと思うのは、
私だけではないでしょう。
Comment Form
公開設定

◇過去の記事はこちらから

全ての記事を表示する

プロフィール

ジミー

Author:ジミー
走っても痩せない。なぜならば食って、飲んでるから。


【自己ベスト】
2009年 第12回荒川市民マラソン   3時間55分
2009年 第10回谷川真理ハーフマラソン 1時間46分
2011年 第7回いわて銀河100Kmチャレンジ 13時間29分

【初レース】
2005年かすみがうら10マイル
【初フルマラソン】
2006年 第9回荒川市民マラソン    6時間10分

【東京マラソン】
第1回だけ当選しました。土砂降りのこの大会記録は6時間46分
あと14分遅ければ都知事と握手してテレビに写ったのに。
膝が痛くてそんな余裕ありませんでした。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。