スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オワリハ ハジマリ ~4/30チャレンジ富士五湖100キロ その3~

 2011_0501富士五湖0156 
やっとの思いで山中湖を1周した。
すでに身体は重く、足も重く、腰は非常ランプを点滅し続ける。

半ば投げやりな気持ちで足を進めた。
こんな状態で走っていて何か意味があるのだろうか?
完走出来ないと分かっていて、走る意味があるのだろうか?

まるで敗戦処理をする投手みたいだ。

山中湖から離れていく。
私は知っていた。今年新設のやきとりふじの関門時間が迫っていることを。
でもどうすることも出来ない。
ペースをコントロールする力なんて残ってないのだ。

行きの山中湖に向かう際、やきとりふじのエイドの前を通過した。
その際、そこのおじさんが声をかけてくれた。

「あと2時間。ここへ戻ってくるまで16キロくらいだからね。」
キロ7分ちょいだね。ギリギリだ。
それを念頭に山中湖を走った。

でもこの関門を越えても、どこまでいけるのか。

そして・・・。
2011_0501富士五湖0157 
そしてやきとりふじが見えてきて、係員の人が何か叫んでる。   
何だ?





なんか皆こっちを見てる。
おおっ?
2011_0501富士五湖0158
 

おおおおっ?
2011_0501富士五湖0159 
ふ~。

27キロ地点の関門での手に汗握る攻防、24秒前通過・・・。
フルマラソンじゃないんだから。

だが関門を通過したのはうれしいが、ここから走り続けられる保証はない。
このエイドに取り換え用の新品の腰でもあれば別だが。
出来ればアシックス製のがあれば、なおいい。

まぁ、とりあえず一息ついたよ、やれやれ。

後ろを振り返ると、みんなダッシュしている。
係員のおじさんは叫ぶ!『急げ~!』
2011_0501富士五湖0160 
しばらく見ていたけど、多くの人が引っかかっていた。
そう言えば関門の締め切りを初めて間近に見た。

結構、せつないね。

ただ様子をうかがっていると、みんな驚き、怒っている。
どうやら関門時間が事前の案内より短くなっているらしい。
送られてきた案内書には8:45となっているが、
昨日の説明会では8:30に変更になったと 伝えてるらしいのだ。

でも事前説明会なんて必ずしも全員参加するとは限らないよね。
実際私も参加できなかったし、変更は知らなかった。
受け付けの際に伝えるとか、もっと周知徹底させるべきじゃないか?

まぁココはちょっといい加減なトコがあるんだよね。
おととしまでこの大会の後半の距離表示間違ってたらしいし。
招待してもらって言うのもなんですが。

私は行きにおじさんに声かけてもらったから良かったが、
実は当初8:45の関門時間さえ知らなかった。
だって知ったところでどうにもならない。
痛んだ腰のせいでペースをコントロールなんて出来ない。

なぜ 関門時間変更の件の詳細を知ったかというと・・・。
2011_0501富士五湖0161 
大阪から来た、かぁみちゃんが関門に引っかかってたからだ。
戸田マラソンの時一緒に走った彼女は、
その時の写真が大会主催のスポーツ新聞にデカデカと載っていた。
ベストスマイル賞だったかな。

その頃世間を騒がせていた、目の充血した海○蔵の写真よりも大きかった。

関門に引っかかったところを偶然見ていて、
そんな事情も知らず大笑いしたら他の人に睨まれたのだ。

ごめんなさい。
笑い飛ばしたほうがいいかと思って。
せっかくなので写真を撮ってもらう。一応バックに富士山の頭が映っていた。

さて、次の関門まで23キロ、あと3時間半ある。
あるんだけど・・・。
2011_0501富士五湖0162 
せっかく関門通ったんだから、もう少し走ってみるか。
ここでリタイアしたら、引っかかった人に悪いしね。

こんな美しい、しかも誰もいない道をとぼとぼと走り出す。
そりゃそうだ、おそらく最後尾。
2011_0501富士五湖0165 
そういや初ウルトラの彩湖70キロでも最後尾だし、去年の富士五湖でもある意味最後尾だ。
落ちこぼれランナーだな。

落ちこぼれ。
「でも、俺はくさったミカンなんかじゃない!」
この間見た金八先生ファイナルでは、加藤がハゲていた・・・。

時間って無情だ。

やがて到着したエイドでは冗談で「ビールないの?」と言ってみた。
「坂の上にあるよ、どうぞ!」と笑われる。
あぁ、昨日前夜祭でたらふく飲んだところね・・・。

国道138号を走る。歩道の微妙なアップダウンがつらい。
すでに腰は痛くなくなっていた。麻痺したんだろう。
だが練習不足がたたって、身体が重く、とても苦しい。

やっと富士急ハイランドまでたどり着いた。
エイドでおにぎりを食す。

しかし、何の為に食べているのかわからない。
2011_0501富士五湖0167  
今、いったい何の為にスポーツドリンクを飲んでいるんだ?

完走なんて無理なのに。

しばらく走ってセブンイレブンに入る。
コーラをレジに持っていくと、レジ打ちのおばちゃんに「マラソン大会?」と聞かれた。
「そうなんです、関門まであと2時間弱、13キロ走んなきゃならないんです。」  
「まだ2時間もあるの?」 
「い、いや、もう38キロ走ってきたし・・・。」
「2時間もあるんだ?」
「いや、結構辛い・・・。」
「2時間もあるんだよね。」
「・・・。」

おばちゃん、にやり。

「そう!まだ2時間もあるよ。」
「んじゃ、がんばれるね。」
「ハイ、がんばります!」

おばちゃん、ありがとう。
2011_0501富士五湖0170  
私のドラマにはいつも個性の強い俳優がカットインしてきて、 ブログ的にはありがたい。
出会いって面白いね。

国道を右折し、河口湖大橋を目指す。

この人は元気だ。
2011_0501富士五湖0171  
応援のためダッシュで往復してた、にゃ~。

とぼとぼ走ってると、渋滞中の車内からみんなこっちを見ている。
物珍しいのか。まぁ、そうだろうな・・・。

河口湖大橋を渡る。
2011_0501富士五湖0174 
橋って不思議だ。
何か特別な感じがする。どんな橋であっても。

そういえば、私が参加した大会でこれだけの大きな橋を渡るのってあまりなかった。
手賀沼、東京マラソンくらいだろうか。

ここを走ってる時も大変辛かったが、橋を渡るのは好きだ。
こんな風景が見れるから。
2011_0501富士五湖0176 
だが、気づいてしまう。
あの対岸を湖に沿って走らなきゃならないのか・・・。
はるかに、とてつもなく、遠い。

でも満身創痍の中、そこまでして、
いったい何のために走っているんだろう?

その問いかけに、この娘は答えてくれない。
2011_0501富士五湖0178 
ただ微笑むだけなのだ。

河口湖畔を走っていると、去年の事が鮮明に思い出される。
そして去年の余力と現時点での差に愕然とする。2011_0501富士五湖0179 
まるで去年の80キロ地点のような身体の重さ。

でもこういう景色には救われるよね。
美しいものにはパワーがある。
日頃から意識してなるべく美しいものを見なければいけない。
2011_0501富士五湖0180 
だから今、君を見つめているんだよ。ふっ。
(このセリフに著作権はありません。ご自由にお使いください。)
※使用上の注意:あまり頻繁に使うと頭がおかしいと思われる恐れがあります

写真の真ん中、次の関門である西浜小の体育館が小さく見えている。
坂の上にあるので、分かっちゃうんだよね。
・・・遠い。
2011_0501富士五湖0183 
見なきゃよかった。
分からないことが幸せって事もあるんだ。

途中、チームシャツを着て競技用自転車に乗った女性たちから声をかけられた。
「がんばって~。」
とてもありがたい。
しかし私の後ろから声をかけられ、自転車はすぐ抜いて行ったので顔は分からなかった。

断っておくが、5行上のセリフとは関係ない・・・。

そして河口湖を離れ、長い坂を上る。

西浜小近づいてきた。
2011_0501富士五湖0184 
太陽は、真上にある。

私のチャレンジ富士五湖は、ここで終わった。
2011_0501富士五湖0185 
完結編に続く。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

コメントもお待ちしております~。
一番下のcommentをクリックしていただくと、フォームが出ますので。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://jimmyblackpepper.blog20.fc2.com/tb.php/64-9e30d093

Comment

かみ | URL | 2011.05.30 16:26
いちおしRUNちゃん、かぁみです。
一躍(一部地域で)アイドルになりました。ふふ。

いやー、大笑い最高でしたよ。
きっと、あの場の負の空気をいくらか陽の気に変化させたはず。
少なくとも私はその恩恵をうけました。ありがたやー。

アイドルはいつも笑顔でなくちゃね。
ジミー | URL | 2011.05.30 22:50
かぁみちゃん、
さすがオヤジキラーの本領発揮だね(笑)
私は大阪マラソンには外れたので、
今度、東京マラソンの時来てください。
多分これも外れてボラやってます(笑)
Comment Form
公開設定

◇過去の記事はこちらから

全ての記事を表示する

プロフィール

ジミー

Author:ジミー
走っても痩せない。なぜならば食って、飲んでるから。


【自己ベスト】
2009年 第12回荒川市民マラソン   3時間55分
2009年 第10回谷川真理ハーフマラソン 1時間46分
2011年 第7回いわて銀河100Kmチャレンジ 13時間29分

【初レース】
2005年かすみがうら10マイル
【初フルマラソン】
2006年 第9回荒川市民マラソン    6時間10分

【東京マラソン】
第1回だけ当選しました。土砂降りのこの大会記録は6時間46分
あと14分遅ければ都知事と握手してテレビに写ったのに。
膝が痛くてそんな余裕ありませんでした。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。