スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オワリハ ハジマリ ~4/30チャレンジ富士五湖100キロ 完結編~

51.6キロ地点、西浜小エイドはとても静かだった。

ここで受け取れる荷物はシートの上に置いてあったが、
手渡してくれる人はいない。自分で探した。

水を飲む。
この水を飲むのは、すでに走るためでは無くなっている。
今まで7時間、持てる力はすべて走るために注いできた。

でも、もう必要ない。

ただ、敗北感だけ。だけど・・・。
2011_0501富士五湖0186
 
なんだろう。笑ってるし。

収容車に乗る。

バスで隣に座った男性も汗が乾いて塩にまみれていた。
新潟からはるばるやってきたらしく、初の100キロだそうだ。
「周りの人はみんな、無理だからやめろって言うんですよ。
まぁ本当になっちゃいましたけどね。」
と笑っていた。

私には分かる。また挑戦するに違いない。

こう言って別れた。
「来年、くびきので会いましょう。」

13時近く、北麓公園体育館に戻る。
2011_0501富士五湖0188 
主を待つ荷物達が所狭しと並べらている。
だが、まだ帰ってくる人は少ない。

リタイアした人以外は。

まだ本栖湖からの荷物は戻ってこない。
関門時間が14:30だから、戻ってくるのはその後になるようだ。
くびきのでは、リタイアした時点でナンバーがトランジット地点まで連絡され、
ゴール地点に帰ってくる頃には荷物は戻っていた。

大会によっていろいろだ。

やることもなく、体育館の2階のベンチで横になっていた。

眠れるハズも無く、ただぼんやり考えていた。
「なんでオレ、こんな事してるんだろう?」

まだたくさんのウルトラランナー達が走り続けている。





     

そして・・・。
「あぁ、そうだったのか。」

次第に夕暮れが迫ってきた富士北麓公園内の陸上競技場前、
公園入り口から続々と帰ってくるランナー達を見ながら思った。

この花道は、たくさんの応援の拍手と暖かい声援で綺麗に彩られている。
2011_0501富士五湖0199 
2011_0501富士五湖0198

私は友人達のゴールを待っていた。

皆フラフラになりながら、それでも笑顔にあふれたウルトラランナー達は
後、たった数十メートル先のフィニッシュラインに向かっていく。

その何百倍の長い旅路で味わってきた全ての苦痛や不安は、すでに喜びに代わっている。

そして、 沿道の人たち。
「お疲れ様!」「お帰りなさい!」「ナイス、ラン!」
ここに居るもの全員が、知っているんだね。

彼らの想いを。

3時間くらいそこに居ただろうか。一緒に来ていた仲間以外にも、
2011_0501富士五湖0203

ランステサポーターの方、ランステ仲間やアミノのメンバー、
ブログ仲間のさぶろうさん、
2011_0501富士五湖0201 
2011_0501富士五湖0202  
ジョグノ仲間、ジム仲間、2週連続ウルトラの夜久さん、
彩湖RCの76歳Aさんの駆け抜ける姿を見ていた。

今日私が走っていた時からの湧き上がる感情が一体どういうものなのか分からずに、
こみ上げるものをどう扱っていいのか分からずに、ずっと見ていた。

そして、気づく。

なんだ、そういうことか。

コレが欲しくて走り始めた。
フルでは満足できずにそれを求めてウルトラを始め、
喉から手が出るほど欲しかったものは、気づかないうちにすでに手に入れていた。

ため息をつく。
やれやれ、まさか完走しないで気づくなんて。

完走しないから気づいたのか。
 
一番の敵はいつしか一番の味方になっていた。
どうやらここが始まりのようだ。

さて宿に戻って風呂に入り、晩飯を食いに行く。
筋肉痛の時は階段を後ろ向きに下りるといいよ、というと
素直に実行する人たち。不思議な光景だ。
2011_0501富士五湖0204 
そしてワイワイがやがや、と。
大勢で来ているとこういう時、いいね。

翌日は風も強く、天気も悪い。昨日でなくってよかった。
私の日頃の行いであることは疑う余地がない。

とりあえず近くの温泉へ。
2011_0501富士五湖0206 

ゆっくり湯に浸かった。
血行を良くし疲労物質を取り除くため、熱い湯と水風呂を交互に。
2011_0501富士五湖0209 
そういえば交互に浸けると丈夫になる、という噂があったな。
何を浸けるのかって?ナニを?

そしてお決まりの山麓園で打ち上げ。
2011_0501富士五湖0237 
大好きな店の1つだ。もうここに住んでしまいたい。

さんざん食い、飲み、大いに笑いました。
浜崎あゆみのマネも少ししました。

焼いてるのはマスだけどね。
2011_0501富士五湖0219 

もちろん、ほうとうもたっぷり。
2011_0501富士五湖0228 
おいしく、楽しく、ご馳走様でした。

お店の方からサービスで竹とんぼをもらった。
それを手に無邪気な方々。
2011_0501富士五湖0233 
永遠の、少年少女達。

なんだか濃密な3日間でした。 仲間にも感謝です。
みんな来年も走るって言ってたけど、本当かな?

今回のチャレンジ富士五湖は、走る前からシビレました。

余りにもいろんな事がありすぎて。

2週間前に故障するなんて、夢にも思わない。
でも全ての出来事には、意味がある。

さまざまな事に気づかされました。
完走も出来ないのに、何で51キロまで走ったか。

自分を好きになる為でしょう?




にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

コメントもお待ちしております~。
一番下のcommentをクリックしていただくと、フォームが出ますので。

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://jimmyblackpepper.blog20.fc2.com/tb.php/65-180532aa

Comment

かみ | URL | 2011.05.30 15:58
お疲れさまでした!!
はい、第一関門にひっかかったかぁみです。
なかなか塩い経験ができました。
直前の故障、残念でしたね。でも、いろいろありますよね。
でも、がんばれますもんね。
自分でエントリーしたんですもの。

私も来年リベンジしますよ。
もう、「関門?そんなん関係ないし」的、余裕っぷりで参加してみせますよ。ふふふ。
さぶろう | URL | 2011.05.30 18:32
自分を好きになるため・・・
なるほど、そうかもしれないですね。

恥ずかしい話、自分の仕事や私生活、
正直うまくいかないことが多いです。
「こんなはずじゃなかった」「もっと
頑張れなかったのか」って。
いつも自分が好きで、自分の人生に
100%自信を持ってる人なんて、
そうはたくさんいないと思う。
人間ですから。

でも、長距離を走ってるあの時間だけは、
過去やしがらみも関係なく、今のままの自分と
向き合い、頑張るしかないんですよね。
こんな自分でも走れた、頑張れた、と思えたら、
それは自分のことが好きになれる瞬間なのかも。

なんだか、ジミーさんのブログのコメントだと、
いいことが言える。(笑)
ジミー | URL | 2011.05.30 22:47
かぁみちゃん、
お疲れ様でした!
あんなとこで現れるとは・・・。
しかもきっちり顔にペインティングしてるし。
でも残念だったね、
また来年とは言わずにいろいろあるよ。
抽選の四万十川やら1月の宮古島やら。
ジミー | URL | 2011.05.30 22:59
さぶろうさん、
まいった、全て言われた!(笑)
でもさぶろうさんには色々勉強させられました。
ありがとうございます。

私は今回の件でますますウルトラが好きになりました。
とりあえず、痩せよう・・・。
ドタバタ | URL | 2011.05.31 08:38
>たった数十メートル先のフィニッシュラインに向かっていく。
>その何百倍の長い旅路で味わってきた全ての苦痛や不安は、すでに喜びに代わっている。


いい文章ですね...。
さすがはジミーさん(笑)

お疲れさまでした。

私は次はサロマです。
完走目指して頑張りますねー!
ジミー | URL | 2011.06.02 00:05
ドタバタさん、
ありがとうございます。

ゴールしてないので適当なこと書けます(笑)
サロマ、暑くないといいですねー。
がんばってください、あと10回!
ナカジ | URL | 2011.06.21 15:05 | Edit
遅くなりました。やっと読んだ。
懐かしいな~。

いわて銀河で富士五湖組はすっかり影が薄くなったけど、
サロマの前に読んでホント良かった。

あれの後だと、富士五湖組の存在すら忘れられちゃうから(笑)

数多くの写真や、
おもしろ文章から、
あの時の気持ちがまた鮮明に蘇りました。
あらためて感動をありがとう。
ジミー | URL | 2011.06.26 08:34
ナカジさん、
富士五湖は遠い昔になってしまいました・・・。
でも数か月後には来年のエントリー開始です(笑)
なんてたって今日はサロマですね。
いい条件らしいから完走率も上がるのかな。
Comment Form
公開設定

◇過去の記事はこちらから

全ての記事を表示する

プロフィール

ジミー

Author:ジミー
走っても痩せない。なぜならば食って、飲んでるから。


【自己ベスト】
2009年 第12回荒川市民マラソン   3時間55分
2009年 第10回谷川真理ハーフマラソン 1時間46分
2011年 第7回いわて銀河100Kmチャレンジ 13時間29分

【初レース】
2005年かすみがうら10マイル
【初フルマラソン】
2006年 第9回荒川市民マラソン    6時間10分

【東京マラソン】
第1回だけ当選しました。土砂降りのこの大会記録は6時間46分
あと14分遅ければ都知事と握手してテレビに写ったのに。
膝が痛くてそんな余裕ありませんでした。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。