スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信州の真っ青な夏空の下で~8/7信州爆水RUNin依田川・旅情編~

2011_0807爆水ラン0264 
すぐ汗が滴り落ちるほどの夏の強い日差しの中、
依田川という涼やかな清流の中を2時間半走った。

不安定な川の中を下流、上流、下流へと進むこの大会の全行程8キロは、
思った以上にキツイ。
でも周りの大人たちは皆、笑顔だ。
2011_0807爆水ラン0291 
まるで小学生が夏休みに田舎に帰ってきて、友達と川遊びしてるよう。

村上龍は小説「69」のあとがきで、
「こんなに楽しい小説を書くことはこの先もうないだろうと思いながら書いた。」
と言っている。

そんな事を、この大会を走っている時に思い出した。
こんな心底、単純に楽しいと思える大会に参加することって、めったにないだろう。 

初めて参加したけど、とても懐かしい感じがした。





   
今年、奥武蔵ウルトラマラソンに参加しそこねた。
エントリーが遅れて、気づいた時にはもう締め切った後だったのだ。

かなり楽しみにしていたので少し落ち込んでいると、
友人からメールが来た。
「信州上田の爆水ランに出ませんか?」

爆乳は好きだし、爆睡も得意だし、爆酔だってお手のものだぜ。
でも爆水ランって???

奇しくもオクムと同じ日の開催である。
オクム応援時に身につけようと思っていたビキニのブラを持つ手を止め、考えた。

なんか惹かれるな・・・。
オクムにエントリー出来なかったのも、このためなのかもしれない。

こうして能天気につじつまを合わせ、
このとても珍しくて楽しい大会、爆水ランに参加することになったのである。

さて今回はゆかいな仲間たち、総勢5人での道中でございます。
8/6(土)新幹線で軽井沢へ向かう。
2011_0807爆水ラン0001 
私以外の4人は東京駅から新幹線に乗車して、私は大宮駅からの合流です。

今回、ちょっとしたイタズラを考えていた。
もうすでに布石としてメールを打ってある。
「ヤバい、本気で寝坊した。乗り遅れるかもしれない。」
そして、大宮に新幹線が到着した時、気づかれないように離れたところから乗って
「ごめん、乗り遅れた」とメールを打って、時間差で指定席に現れ、驚かすのである。

旅の始まりには、ユーモアが必要なのだ。

ホームの反対側には「はやぶさ」が止まっていた。
2011_0807爆水ラン0003 
今は1日に1回、東京~新青森間を往復している。
鉄道ファンでなくても、このフォルムを見ると思わず写真を撮ってしまうだろう。
かっこいい。

そうこうしてるとメールが来た。
「東京から3人、乗り遅れました・・・。」

・・・すごい!
私の想像のはるか上を行く、ゆかいな仲間たちである。

指定を取った新幹線に乗る遅れる大人を、初めて見た。
私のいたずらなんて、小手先でちっぽけなものだ。

東京駅で乗る前に弁当買って、
あとホットコーヒーを買ったらその場でじっくりドリップされるやつだったらしい。
それで時間を取られ、急いで改札を通ろうとしたらその場で小銭をぶちまけ、
別のお方は改札通る瞬間にピンポン!と鳴って通れず、
無情にも新幹線は行ってしまう。

そんなサザエさんのような話を軽井沢で聞いた。
2011_0807爆水ラン0008 
指定の新幹線に乗れたのは、待ち合わせの場所に行かず直接新幹線に乗った
1人だけ。満席の中、その子と2人で5席使った・・・。

とても贅沢な旅の始まりである。
2011_0807爆水ラン0009 
レンタカーを借りて、乗り遅れてきたゆかいな大人達と合流し、北軽井沢を目指す。

最初の目的地、浅間牧場に到着。 駅からくねくね上り坂、40分弱くらいかな。
2011_0807爆水ラン0012 
高原のはずなんだけど、結構蒸し暑い・・・。

さわやかな風が吹いてるんではないのか? 軽井沢って?
2011_0807爆水ラン0013 
このロッジ風の店を通り抜けると牧場がある。

の、前に生乳ソフトクリームを食べよ。味が濃いね、うまい。
またネーミングがそそるね、生乳。
・・・なまちち、ではない。
2011_0807爆水ラン0015 
3件くらい店が連なって、それぞれソフトクリームの味が違うようだ。
全部食おうと思えば簡単に食えるが、人目があるのでやめておく。

取り合えず、北軽井沢と言ったら牧場でしょう?
2011_0807爆水ラン0017 
まぁ、初めて来たので良くわからないけど。勝手なイメージです。
この牧場はかなり広い。それはまるで私の心のようだ。

眺めが良いところ、高台の方へちょっと歩きました。
少々雲が多いので浅間山はハッキリと見えない。
2011_0807爆水ラン0021 
だいぶ前、草津に行くとき初めて浅間山を見て衝撃を受けたんです。
日本の山でないような、雄大な姿。

それを再び見たかったんだけどな。

下のお店から結構上っている。汗だく、つゆだく。
2011_0807爆水ラン0019 
ランニングウェアとトレイルシューズを身に着けていれば、なんともない坂。
でも普段着だと辛く思えるのはどうしてだろう。

木陰に入って風が吹くとさすがに涼しい。
2011_0807爆水ラン0024 
やっと高原らしくなってきた。 なんかうれしい。

浅間山が噴火した際に逃げ込めるように、避難ブロックが点在していた。
阿蘇山にもあったな。
さすが活火山、リアルだ。
2011_0807爆水ラン0027 
誰もこんなポーズ頼んでないんだけど・・・。
やっぱり自分が一番まともだな。

なんかね、この後雨が降る予報なんですよ。しだいに怪しい雲行き。
2011_0807爆水ラン0029 
ちなみに牧場に牛は居なかった。早朝に草を食んでるらしい。
あれ?ハイジは?ぺータ―は?

牛が居ない牧場。って、ただの野原か?
2011_0807爆水ラン0022   
でも好きな風景だ、気持ちがいいっす。

ご一行様、高台から降りてきてすぐ近くの浅間牧場茶屋へ。
ここにはヤギやウサギがいる動物広場や 、
2011_0807爆水ラン0031 

ウエスタン乗馬なんてのもある。
2011_0807爆水ラン0034 
どのあたりがウエスタンなのだろうか?

ここでは食事が出来たり、お土産も売っていた。
偶然、母校の高校のジャージを着た集団と遭遇する。
ホンのわずか20年以上前は高校生だったな、オレも…。

昔の高校生は、こんな大福を購入。
2011_0807爆水ラン0035 
中にはちょっと甘しょっぱいチーズ餡が入っている。
やっと牛を見たぞ、寝そべっているが。

名物のジョッキ牛乳。
・・・うしちちでは、ない。
お腹を下すと困るので小さいサイズ。
2011_0807爆水ラン0038 
キンキンに冷えてて、うまかったなぁ。
飲み干してると自然に手は腰に行くのはなんでだろう?

浅間牧場茶屋を出て、次の目的地は観光農園です。
そこで使うマヨネーズを買おうとコンビニへ。
2011_0807爆水ラン0039 
コンビニの駐車場ではモモが売っている。
桃はビワと一緒で追熟しないから、鮮度が命。

マヨネーズは売り切れだった。なんでだろう???
2011_0807爆水ラン0040  
デラウェアも売ってた。そういや、去年の巨峰マラソンでの巨峰うまかったな。
 
さて途中で無事マヨネーズもゲット、到着したのは石田観光農園です。
2011_0807爆水ラン0044 
ここは入園料を払えば、敷地内にあるもの全て(熟してるものね)食べ放題、時間制限なし。
プラムが食べれるようになったので、入園料がちょっと上がった。
その時期食べれる種類によって、値段が決まるようです。

母屋で受付をし、農園までちょっと歩く。
2011_0807爆水ラン0050 
案内してくれたアルバイトの兄ちゃんに説明を受け、農園の中へ。

手書きのマップ、いわゆるメニュー。
これが食いたきゃ、ここへ行け、と。
2011_0807爆水ラン0079 
とりあえず、プラムかな。
「プラム」なんて言葉を発したのは、ひさしぶりだ。

さて中に入りますよ。
2011_0807爆水ラン0055 
2011_0807爆水ラン0061 
なんかワクワクする。
今回この1日目の行程を考えたのは私です。
要は今日寄るところは全て自分の行きたかった所なのです。

でも大人なので皆の手前、はしゃげない。
いや、はしゃいでたな・・・。
2011_0807爆水ラン0059 
奥に行けば行くほど、熟れている。
こんな風になってるんだね。

食べ放題といっても、甘いものを探さねば。
2011_0807爆水ラン0073 
一面プラムの木だらけ。

プラム天国。
2011_0807爆水ラン0062 
ちゃんと脚立も用意されている。

見るからに旨そうでしょう?
2011_0807爆水ラン0057 
一体、何個食べたろうか。10個以上は確実。
当たり前だがどれも新鮮でみずみずしい。

一生分のプラムを食ったな・・・。
2011_0807爆水ラン0058 
甘くて、程よい酸味。そしてとってもいい香り。

野菜はトマトが数種類。
2011_0807爆水ラン0063 
奥に赤いのがたくさん。

さすがにいちごは終わってたな。
2011_0807爆水ラン0064 

真剣にトマトを収穫する。これが結構楽しいんだよね。
もう夢中。
2011_0807爆水ラン0066 
昔の青臭いトマトって好きだったなぁ。
今のは、余り野菜っぽくない。フルーツみたいな感じ。

あれ、なんの花だっけ?きゅうり?
2011_0807爆水ラン0070 

ずっと広がる、なす畑。
だいぶ雲が厚くなってきた。 遠くで雷が鳴っている。
2011_0807爆水ラン0080 

ブルーベリーも甘い。
2011_0807爆水ラン0087  
つまんでは食べ、つまんでは・・・。  小鳥になった気分なのです。
 
ししとう、パセリ。
2011_0807爆水ラン0085 
つやっつや。 パセリうまかった、 香りが違うね。

一面のとうもろこし畑。
2011_0807爆水ラン0075 

おっと、早まるな。
2011_0807爆水ラン0100 

リンゴも、まだ。9月中旬頃から。
2011_0807爆水ラン0081 

さて、収穫も終わったのでみんなで食べるのさ。
2011_0807爆水ラン0060 

水場で野菜達を洗う。この水が冷たくて気持ちいいのだ。
野菜も冷やします。
2011_0807爆水ラン0088 
ヘルシーな今日の昼飯です。

全て生で食べますよ。トウモロコシも。
2011_0807爆水ラン0090 
これが甘い!
母屋に帰ってゆでたトウモロコシをサービスしてくれたけど、ゆでると甘すぎるほどだ。
これもやたらと食す。

セロリもうまかった。パリっとしていて変な香りがしないんだよね。
2011_0807爆水ラン0091 
マヨネーズ買っておいてよかったよ。

きゅうりなんて何本食べたろう?
最近きゅうりにハマっていて、冷やして味噌つけてかじるとたまらないんです。
2011_0807爆水ラン0092 
パリパリと張りがあって、ちゃんときゅうりの味がある。
酎ハイにスライスしたやつ入れてもうまいんだよね、ほんのりメロンっぽい香りがするんです。

そんなんでワイワイやっていると、近くで雷が鳴りいきなり土砂降りです。
ゲリラ豪雨だ。
農園の方が傘を持ってきてくれた。
大抵の人たちは帰って行ったけど、
我々はプラムの木の下で傘を差しながら負けじと野菜を頬張る。
2011_0807爆水ラン0093 
散々食ったあと、ビニールハウスへ退避。
本当にこれでもかと、食った・・・。

雨がすごい。この写真で分かるかな?
すでにオレが趣味で履いているパンティまでびしょびしょ。
2011_0807爆水ラン0096 
でも野菜畑での雨ってなんか、いい。
ちゃんと役目があって無駄になってない感じ。

そしてあっという間に止む。さすがゲリラ。
2011_0807爆水ラン0097 
野菜をたらふく食って、十分に青虫な気分になったので撤収しました。

母屋帰ると、持ち帰り用の野菜が安く売っていた。
2011_0807爆水ラン0043 
どれも新鮮なものばかり。
農園に行かず、ここで野菜だけ買ってどっかでBBQするのもいいかも。
ここでは高原野菜を十分に堪能しました。

さて石田観光農園を出発し、次は宿泊地の上田を目指しつつ、また寄り道します。
嬬恋パノラマラインを通る。
2011_0807爆水ラン0109 
一面どこまでもキャベツ畑。  これぞ嬬恋。

そういやキャベツは食ってないな、残念。
2011_0807爆水ラン0103 

1時間弱車を走らせて、真田に到着しました。 
真田と言えば、幸村なのです。上田城も近い。
2011_0807爆水ラン0159 
峠を越えて下ってきたので、気温も上がってきて蒸し暑い。

幸村の郷の中の「ゆきむら夢工房」にてそば打ち体験をいたします。
2011_0807爆水ラン0112 
ハイ、私がやってみたかったのです・・・。
これが楽しみで楽しみで、そば打ち体験中心に今日の行程を組み立てたほど。

2鉢に分かれてそばを打ちます。1鉢で4人前のそばが出来るそう。
地元のおばちゃんが教えてくれます。
2011_0807爆水ラン0118 
これがなかなか難しい。

まんべんなく水を含ませて、こねる。
2011_0807爆水ラン0115 

手早くやらないと風味がとんでしまう。
2011_0807爆水ラン0120 

講師は地元のそば打ち名人だそうだ。 
2011_0807爆水ラン0125 

このそば切りも難しく、太くなったり、細くなったり。
独特の包丁も重量感がある。
2011_0807爆水ラン0130 

そばが乾燥してしまうので、この部屋でクーラーもつけられないから汗だく。
2011_0807爆水ラン0135 
走ってるときより真剣です、この人。

うどんのようなものもあるけど、良い感じでしょう?
2011_0807爆水ラン0137 
それっぽいぞ。

打ったそばをさっそくゆでます。なぜって?すぐ食べるから・・・。
2011_0807爆水ラン0143 
自分で打ったそばをすぐ食べたい。
そんな、私の飽くなき願望がかなえられる日が来たのだ。

冷たい水で締めて、完成!
2011_0807爆水ラン0150 
今日はなんか食ってばっかりだな。

たっぷり薬味や自家製漬物、取れたてトマト。
2011_0807爆水ラン0154 
もちろん、とろっとろの蕎麦湯も。

合計8人前を5人で食べたけど、あっという間に無くなった・・・。
2011_0807爆水ラン0156 
つやつやしてるのもあり、ざらざらしてるのもあり、太さもまちまちだけど
旨いね、やっぱり。
自分で打ったからなおさらなのだ。

秋の新そばの時期だったら、もっと良いんだろうね。秋にも来たい。
結局、一人1000円ちょっとで存分に楽しめました。
2011_0807爆水ラン0157 
とても綺麗な施設でした。

ここから上田駅前のホテルまで20分弱位、ほど近い。
ただ今夜は信州上田大花火大会があるのです。
渋滞が心配だったけど、なんとか到着。

ただ駅前駐車場がいっぱいで、大変だったけどね。

車を止め、宿に荷物を置いた後は、駅の向こうの河川敷の花火会場へ。
駅から徒歩5分で約8000発の花火が見れるのです。

駅のエスカレーターで、不思議な人(物体?)を発見。
なんだろう・・・。
2011_0807爆水ラン0160 

雨が心配でしたが、何とか止んだ。
だけど、千曲川の河川敷に出るとすごい人。約10万人集まるそうだ。
2011_0807爆水ラン0167 
私は人ごみが嫌いなので、皆が見てる間自分だけどっかで飲んでようかと思ってた。

けど、行って実際見てみると感動してしまう。
2011_0807爆水ラン0165 
缶ビール片手に、うっとりしているおっさん・・・。

花火の大きさが関東のものと違うのだろうか。
腹に響く音が違った。
2011_0807爆水ラン0173 
もう見とれるしかない。
今年あった様々な出来事を考えると、これらの花火はあまりに美しくて
とてもはかなく見える。

あっという間の1時間半の花火ショー。
2011_0807爆水ラン0171  
2011_0807爆水ラン0162 
2011_0807爆水ラン0170 
なんか得したような気分でした。

そして皆で駅前の居酒屋で飲んでホテルに帰りました。
名物馬刺し、うまし。

アレ、何しに来たんだっけ?

・・・大会編に続く。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

コメントもお待ちしております~。
一番下のcommentをクリックしていただくと、フォームが出ますので。




スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://jimmyblackpepper.blog20.fc2.com/tb.php/71-b202e62d

Comment

佐々木 | URL | 2011.08.25 04:53
楽しい夏休みの1日みたい。
ジミーさんいいおとうさんだね。
あ、、おひとりでしたね。。
ジミー | URL | 2011.08.28 21:11
ハイ、子供たち4人を引率してきました・・・。
キャプテンe | URL | 2011.09.01 23:21
いや~、暑い中がんばって走ったんですねぇ・・・って、まだ走ってないじゃん。
それにしてもやたら楽しそうでうらやましい。
ジミー | URL | 2011.09.03 00:09
キャプテン、楽しかったですよ~。
でも足首折らないように気をつけました(笑)
キャプテンも足治ったらどうぞ!
Comment Form
公開設定

◇過去の記事はこちらから

全ての記事を表示する

プロフィール

ジミー

Author:ジミー
走っても痩せない。なぜならば食って、飲んでるから。


【自己ベスト】
2009年 第12回荒川市民マラソン   3時間55分
2009年 第10回谷川真理ハーフマラソン 1時間46分
2011年 第7回いわて銀河100Kmチャレンジ 13時間29分

【初レース】
2005年かすみがうら10マイル
【初フルマラソン】
2006年 第9回荒川市民マラソン    6時間10分

【東京マラソン】
第1回だけ当選しました。土砂降りのこの大会記録は6時間46分
あと14分遅ければ都知事と握手してテレビに写ったのに。
膝が痛くてそんな余裕ありませんでした。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。