スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道は続いている ~2012・9・16 東京仙台間おもい、つなぐ駅伝 PARACUPに託すもう一つのタスキ~

2012_0916mouhitotsunoekidenn0015.jpg 
家の前から荒川の河川敷まで走って行っても、そんなに時間はかからない。

ここの土手に立つと、空が近く、そして広く、はるか遠くには連なる山々が見えて、
この雄大な風景でとても満ち足りた気持ちになれる。

私の好きな場所だ。

私はとても簡単にその風景を思い浮かべることが出来るし、
近いから、すぐ行くことも出来る。

「温度差」という言葉。
お互いの間に、なんか壁のようなものがあって、熱伝導率が悪い。
もしくは世界が全く別で、同じ事柄を見ても感じ方が違う。
こっちは盛り上がってるのに、そっちは冷めてる感じ。

物理的な距離や、距離感、そんなものがそうさせているのかもしれない。

でも「温度差」は「想像力」で埋めることが出来る。
あともう一つ。

我々はランナーだ。

たとえ、それらの間に距離があったとしても。










2012年9月23日、
仙台空港の近くで『第1回PARACUP SENDAI in SENNDAI AIRPORT』が開催される。
※文字の色が変わっているところをクリックすると、ホームページが開きます。

仙台のランナーが東北を盛り上げるため企画した、チャリティ・ランニングイベントだ。

その大会を立ち上げるために、2011年10月東京お台場で
『PARACUP EKIDEN 東北につなぐTASUKI』 は開催された。
ここで集められたお金が、仙台での大会の運営資金となる。

要は東北の復興を願うランナー達の想いをお台場で集めて、
それを仙台で 花開かせようということだ。

東京と仙台。その間、約350km。

2011年3月11日に東北で起こった出来事は、
東京では、すでに過去の事のように扱われているように感じる。
でもそれは間違いで、あの出来事はまだ現在進行形じゃないのだろうか。
なにも終わっちゃいない。

「温度差」

ランナーとは、距離を超越していける人種だ。自らの足で。自らの想いで。

昔走り始めた時、10キロを走るなんて絶対無理だと思っていた。誰でもそんなもんだろう。
それが次第にフルマラソンを走り、ウルトラ100kmを走る。

ランナーに距離は関係ない。

私は、お台場で集めた東北に対する想いを、仙台までつなげる
『東京仙台間おもい つなぐ駅伝 ~PARACUPに託すもう一つのタスキ』
というプロジェクトに参加した。

9月の土日に駅伝形式で、
想いというタスキをランナー達でつなぎながら走って仙台まで届よう、という
「NPO法人 もう一つのプロジェクト」 主催の企画だ。


まず9/15(土)、去年から参加している災害復興ボランティアチームに加わり
福島県いわき市に日帰りボラに行った。

とある児童施設での作業。
この日はとても暑く、作業の為完全防備の私は尋常じゃ無い位汗をかく。
いわきは、まだ夏だ!
2012-09-15 13.24.41 
暑さでヘロヘロではあるけれど、体力的には大丈夫。私は夏バテという言葉を知らないのだ。
それに憧れているくらい。食欲ぐらい減ってほしいぜ。

朝、行きの常磐道友部SAで「なっとうドッグ」を食す。
納豆だからカラシは躊躇なくかけたけど、ケチャップをかけるべきか30秒ほど悩んだ。
結局なっとうオムレツを想像し、かけたけどね。うまかったよ。
2012-09-15 08.23.26 2012-09-15 14.43.01
お昼にはお弁当。
なぜか私のもとには自動的に、余ったものと合わせて2個集まる。なぜだろう?
富岡町で被災し、いわきへ移転してきた業者さんのお弁当だ。
うれしいことに我がチームの名前は入ったシールが張られているのだ。

これ以外にも結構食っている。痩せないわけだ。

長靴の中に汗がたまってポチャポチャいう位に汗かいたけど、作業は無事終わった。
帰り際、玄関では子供たちが手を振っている。
「帰っちゃうの?寂しいよ。」と言われた。色々楽しいおしゃべりしたからね。

いわき湯本駅近く、「さはこの湯」で入浴。220円也。ここは本当に気持いい。
硫黄が身体にしみわたり、疲れが一気に吹き飛んだ。
2012-09-15 16.35.41 
受付で「ボランティアですか、ご苦労様」と言われる。さりげない一言がうれしい。

ここで私はチームを離れ、湯本駅から電車に乗った。
いわき駅まで行って、そこからは高速バスで郡山へ。約90分。

磐越道を走るバスの中から夕暮れの景色を眺めながら、あの子供たちの事を考えた。

郡山に着くと、荷物をかかえてダッシュし、新幹線に飛び乗る。
これを逃すと、次はなんと!40分後の普通列車だ。
ボラの装備品はあるわ、ランギアはあるわで大荷物なのに、まさか走るとは。
明日も走るんだぜ。

そして15分後。無事、新白河駅に到着。
2012_0916mouhitotsunoekidenn0003.jpg 
結構時間がかかったな。2時間半くらい。もっと近いかと思ってた。
ちゃんと色んな事調べてから行動するべきだね。
2012_0916mouhitotsunoekidenn0007.jpg 2012_0916mouhitotsunoekidenn0009.jpg  
でもこんな思い付きも好きなんだけど。

そう今回は直前の思いつきなのです。
ボラはちょっと前から決まってたけど、この駅伝はなかなか人が集まっていないと聞いて
いわきから移動して翌日走れるんじゃないか、同じ福島なんだから、なんて思ってしまった。
新幹線使わなかったら、3時間以上かかったな。さいたまに帰るのと同じくらいの時間。

今晩は駅前で1泊する。
とりあえずホテル内のコインランドリーで洗濯。ここで作業用つなぎ洗ってるのは
俺くらいだろな。
乾かしている間は明日のランの準備。コースも満足に調べてない。
まぁ国道4号線を北上するだけだから、いいんだけど。
全て終えて、白河ラーメンを食って就寝。

ハイ、食欲は衰えません・・・。

9/16(日)曇りを期待してたけど、晴天。今日も暑いぞ、これ。
2012_0916mouhitotsunoekidenn0011.jpg 
待ち合わせ、ランナーの中継所まで歩く。すでに汗をかく気温。
今回私は15区・16区を走ることになりました。ランナーが少ないようなので、2区間走ります。

第15区:白河中継所(福島県白河市)~矢吹中継所(福島県矢吹町)・・・15.0km
第16区:矢吹中継所(福島県矢吹町)~須賀川中継所(福島県須賀川市)・・・11.5km
※もう一つのプロジェクトによる4日目14区~18区のレポート

余りにも暑いので、約27キロには一抹の不安。自分が2区間走るって言ったんだけど。

このセブンイレブンが中継所です。
日焼け止めを塗ってしばらくしてると、「もう一つのプロジェクト」代表の市川さんが現れる。
2012_0916mouhitotsunoekidenn0012.jpg 2012_0916mouhitotsunoekidenn0013.jpg
デカいからオレの事すぐわかりますよとメールを打ったが、やはりすぐ分かったらしい。
なんでこんな企画思いついたの?って聞いたら、
「成り行きです。」

成り行き。うん、良い言葉じゃないか。

10時過ぎ、14区を走ってきたランナー2人組からメッセージの入った4色のたすきを預かる。
そのランナーの応援の地元の女性たちから、あらかじめこの先のコースについて
聞いておいた。
「しばらく何もないです。」

全てを悟った。
2012_0916mouhitotsunoekidenn0019.jpg 2012_0916mouhitotsunoekidenn0024.jpg
まぁ、いいか。道は続いてるんだ。走ろう。

すぐに歩道が無くなり、道路を渡った。やれやれ。
2012_0916mouhitotsunoekidenn0028.jpg 
まず、人を見かけない。
2012_0916mouhitotsunoekidenn0029.jpg 2012_0916mouhitotsunoekidenn0031.jpg
辺りには民家もまばらだし、基本的に車移動なんだろうね。 歩く人は皆無。

だから歩道はきちんと整備されず、藪こぎする羽目になったりするのだ。
事業仕分けの影響もあるらしいけど。
2012_0916mouhitotsunoekidenn0032.jpg 2012_0916mouhitotsunoekidenn0033.jpg
でも、そんな状況もなんか楽しい。
知らない土地を走るということは、なぜ楽しいんだろう。

震災の影響なんだろうか、歩道のレールがゆがんでいる。
割れた路面に足を引っ掛けないように、走った。
2012_0916mouhitotsunoekidenn0034.jpg 
それにしても暑い。まだ午前中だってのにすでに30℃なのだ。
2012_0916mouhitotsunoekidenn0035.jpg 2012_0916mouhitotsunoekidenn0036.jpg 
コンビニに入って飲み物買っていたら、店員の女の子にジロジロみられる。
そりゃ、気になるよな。
このクソ暑いのに走ってるやつなんか、いやそうでなくてもこのあたりを走ってる人間は
居ないだろう。カラフルなタスキをかけて。

少し風があるので、それが救いだ。
もちろん暑くたって止める訳にはいかない。タスキがある以上、自分一人で走ってる
訳じゃない。
ペットボトルの水を頭にかけながら走った。

16区の中継所を過ぎ、もう20キロ位走っただろうか。
鏡石町に入ると、こんなものが目に飛び込んできた。
ガンダ…ム?
2012_0916mouhitotsunoekidenn0039.jpg 
スゴイ!2階建てくらいの高さがある。色彩がシュールだ。なんなんだ?
余りの驚きにボー然と立ち尽くしていると、隣のラーメン屋からおばちゃんがこっちを見てる。
会釈すると、向こうも返してくれた。

すかさずそのラーメン屋に入った。
「スイマセン、このペットボトルに水を分けてくれませんか?」
巨漢で汗だくの来店者にあっけにとられている、おばちゃん&おやじさん。
店には客は居ない。

事情を説明した。
このタスキを駅伝で仙台に届けなければならない。
須賀川まで走るんだけど、暑くってのどが渇いてしかたない。
コンビニもないから水道水でいいから水が欲しい。

そういうことなら、と快くペットボトルに冷水を入れてくれた。あとコップにもなみなみ。
「暑いんだったら、これ飲んでちょっと休んでいきなよ。」

オレは知っている。
東北の人って本当に優しいんだ。こちらが心を開いたらすかさず開いてくれるのだ。

そして例のガンダムらしき、建造物の事を聞いた。

おやじさんが、廃材を利用してコツコツと作ったらしい。
以前は立っていたが!?座らせた、
震災で左手の盾などが壊れた 、
ガンダムではなく“グレート”と言うらしい、など。
そりゃ勝手に名乗れないよね。

「こっち見てごらん」
2012_0916mouhitotsunoekidenn0041.jpg 2012_0916mouhitotsunoekidenn0042.jpg
壁一面の写真とサイン。
地方局だが、テレビの取材が多いのだ。旅番組とか。そりゃ名物になるわな。

「スゴイ・・・。」
こうつぶやくと、ビールでも飲んでいったら?と、うれしい提案が。
「はい、是非!」
2012_0916mouhitotsunoekidenn0040.jpg 
なんて言えるはずもない。
一応駅伝で、中継所まで走ってタスキをつながなきゃならないのだ。
だがみんなの東北への想いと、キンキンに冷えたビールを一瞬でも天秤にかけた
自分が好きだ。

5分くらいお話しを聞かせていただき、礼を言って店を後にした。
「これ、あげるよ。」

・・・“グレート”のプロマイド写真だ。

これは予想外だぜ。
ご丁寧にありがとうございます。

写真を入れるところが無いので、これを手に持ってあと5キロ走ることにする。
2012_0916mouhitotsunoekidenn0044.jpg 
単調なコースで飽きるんだろうなと思ってたけど、思いがけない出会いもあり、
走っていてとても楽しかった。
こういうのは自分に合っている。

目に入る風景、強い日差し、風の匂い、仙台へ続く道。

須賀川に入った。
遠くからは旗が見えないので少し焦ったが、次のランナーと市川さんが待っていてくれた。
17区ランナーの彼も急遽、東京からやってきたらしい。

みんな、たっぷり交通費と時間かけてバカだね~。
でもそんなバカが大好きだ!
2012_0916mouhitotsunoekidenn0050.jpg 2012_0916mouhitotsunoekidenn0052.jpg 
無事タスキを託す。 がんばれ!
 
市川さんとも別れた後、このスーパーのベンチでしばらく休んだ。
その場で500mlの炭酸飲料2本、ポカリを1本飲む。
身体は熱を帯びていて、頭はボーっとしている。日陰があんまりなかったからな。
汗がなかなかひかない。

でも何か満ち足りていた。結局は自分の為なんだな・・・。

徒歩で須賀川駅へ。郡山行は1時間に2本。 う~ん、素敵だ。
のんびり待った。
2両編成の列車に乗って、すぐ郡山へ。今日はは走って乗り換えしなくても大丈夫。
そこからは新幹線で帰ってきた。
2012_0916mouhitotsunoekidenn0057.jpg 2012_0916mouhitotsunoekidenn0060.jpg 
なにかと忙しい2日間だったな。まさに福島三昧。

国道4号線を走っていると、まだまだ遠かったけど頭の中では仙台が見えていた。
それは簡単に「想像」出来るし、時間さえかければ確実に「走って」いくことも出来る。

道は続いているのだ。

だからランナーである私たちは、距離に関係なく想いを伝えることが出来るし、
他人事でなくその場に行って、その悲しみに寄り添うことも出来る。
2012_0929グレート0004 

それは大したことではないのかもしれないけれど。








にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

コメントもお待ちしております~。
一番下のcommentをクリックしていただくと、フォームが出ますので。
スポンサーサイト

Trackback

まとめ【道は続いている 〜20】
  家の前から荒川の河川敷まで走って行っても、そんなに時間はかからない。 ここの土手に立つと、空
2012.11.03 11:26 | まっとめBLOG速報
Trackback URL
http://jimmyblackpepper.blog20.fc2.com/tb.php/85-2245d6b4

Comment

もっちもっち | URL | 2012.09.30 17:59
距離が関係ない存在、なるほど~。走って自分の事ばかり考えてはだめですね。
ジミーさんの熱い思い、確かに伝わったと思いますよ。
いっち | URL | 2012.10.01 14:19
素敵ですね、こういう思いがタスキとなって繋がるって。
手作りガンダムもいいなぁ。
いつも仮装しているジミーさんが普通のラン姿で走っている!
それもビックリ(笑)
のべ | URL | 2012.10.01 22:22 | Edit
いい企画ですね
これってこれからも続くんですかね?
私もいつか参加できたらいいな~
ガンダム、、、じゃなかったグレート見に行きます(笑)
ジミー | URL | 2012.10.01 22:58
もっちもっちさん>

富士山走ったり、ハセツネ走ったり、フルマラソン走りきることだって
とてもすごい事だと思うんですね。

ランナーはとてつもない可能性を持ってると思います。
何でも出来るんじゃないかな(笑) 本当に。

その色々な可能性が、もしかしたら誰かの救いだったり、慰めになるかもしれない。
たまに(笑)そんな事を考えてます。たまにですよ。



距離が関係ない存在、なるほど~。走って自分の事ばかり考えてはだめですね。
> ジミーさんの熱い思い、確かに伝わったと思いますよ。
ジミー | URL | 2012.10.01 23:03
いっちさん>
そうか、オレもビックリ!(笑)
これ、タスキってとこがミソなんですよね。
否が応でもがんばっちゃうでしょう?

でも、一人じゃ350kmなんて無理なんだけど、
協力しあえば出来ない事なんてないのかもしれませんね。
ジミー | URL | 2012.10.01 23:06
のべさん>
来年もやるんじゃないっすかね。
なかなか長野からでは厳しいかもしれません。
でもそう思ってもらうとうれしいです。
走ることって、大会走るだけじゃなく
色々な可能性、楽しみ方があるんですね。
キャプテンe | URL | 2012.10.02 23:45
ジミーさんってホントいい人だなあ。
下関ではぜひグレートのコスプレでRUNを。

あっ、そういえば下関の前日、仕事というか研修が入るかもしれないんで、前日入り&飲みは無理っぽいです、残念ながら。
当日走り終えてから乾杯しましょう。
女の子も紹介してね。(違ったけ?)
ジミー | URL | 2012.10.03 23:49
キャプテンのほうにコメント入れといたよ。
終わった後乾杯しましょう!

オレ良い人じゃないっすよ、「成り行き」です(笑)

グレートもそうだけどさ、世の中いろんな人がいるんだね。
本当にそう思う。
キャプテンe | URL | 2012.10.04 00:02
だから人生はおもしろい。
ヤなこともあるけどね。
ジミー | URL | 2012.10.04 17:04
キャプテン、
あるよね~いっぱい(笑)

ミスチルの曲で、
『良いこと49、やなこと51の日々』って歌詞あるけど、
ホントは20・80くらいじゃないのかなぁ。
それでも結構幸せですけど(笑)

沖縄のユメさん | URL | 2012.10.11 18:42
やはり、いつ読んでもジミーさんのブログは楽しいし、キュンと心に染み入ります。

このごろは特に「照れ」がとれ、生の心根が垣間見えて清しい気持ちになります。

ありがとう。
ジミー | URL | 2012.10.13 19:16
沖縄のユメさん、
いつもありがとうございます。

最近改めてブログをやっていて良かったと思うのです。
おそらくランナーの1人1人、哲学があるんだと思います。
それを表現できる場があるのは、うれしいですね。
結構時間がかかりますけど(笑)
Comment Form
公開設定

◇過去の記事はこちらから

全ての記事を表示する

プロフィール

ジミー

Author:ジミー
走っても痩せない。なぜならば食って、飲んでるから。


【自己ベスト】
2009年 第12回荒川市民マラソン   3時間55分
2009年 第10回谷川真理ハーフマラソン 1時間46分
2011年 第7回いわて銀河100Kmチャレンジ 13時間29分

【初レース】
2005年かすみがうら10マイル
【初フルマラソン】
2006年 第9回荒川市民マラソン    6時間10分

【東京マラソン】
第1回だけ当選しました。土砂降りのこの大会記録は6時間46分
あと14分遅ければ都知事と握手してテレビに写ったのに。
膝が痛くてそんな余裕ありませんでした。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。