スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今宵、夢風亭で  ~2012・12・2 太陽と海とジョガーの祭典 NAHAマラソン~

いつもご覧いただいてありがとうございます。
この記事は去年の(2012年)のNAHAマラソンの記事です。
すっかり1年経ってからの記事のアップが定着してしまいました(笑)
これに懲りずにまた訪れていただけると幸いです。

2013年の記事は、コンパクトにして今年中にはアップする予定です。
たぶんね(笑)

そして様々なところでお声かけていただいてありがとうございます。
飲んでばかりで、すいません(笑)



どこかの新幹線ホームに滑り込むたび、遠く離れた空港に降りたつたび、
自分が何をしに来たのか分からなくなる瞬間がある。 
 
もちろんマラソンの大会が現地であって、それに参加するために来ているのだけど、
自分の中では何か違うものが心の大部分を占めているのは分かっていた。

とても有名なモニュメントを見ているつもりが、実はそこに焦点は合っていなくて、
その後ろにある空の色をぼんやり見ている感じだ。

「お前はは走りに行くのがメインじゃなくって、地元のうまいもん食って
酒飲みにいってんじゃね~か!」

あっ、やっぱり?

まあ、それらが許される状況に感謝しつつ、またフラフラと旅に出る。

その大会を完走する最低限の走力と、旅先で起こるなにかの予感と、
走るにはとても不思議な衣装を持って。 








その店は、ゆいレールの旭橋駅から歩いてすぐ、一本外れたうら通りにある。 
 
暖かく灯る赤提灯、店に入るとあの笑顔があった。
1年ぶり。
ありきたりだけど、しみじみ思う。1年なんてあっという間だ。

去年、初めて走ったNAHAマラソン。

※2011年のNAHAマラソンの記事です。
 http://jimmyblackpepper.blog20.fc2.com/blog-entry-76.html

あの頃は精神的に疲れていた。
平日は仕事がめちゃくちゃ忙しいくせに、とりつかれたように
毎週末いわきに復興ボランティアに行っていた。

そこで知る現実や見る風景は、心をギュッと掴んで身体や神経を強張らせ
休むことを許さなかった。

12月。
気温5℃の東京から21℃の那覇へ。

あまりの空気の質感の違いに戸惑いながらも、この南国の大会を走った。
スカッと晴れた広い空。冬だと言うのに夏のような日差し。

沿道でのにぎやかな声援。
陽気な掛け声。
笑顔、笑顔、笑顔。
この大会は、笑顔で出来ていた。

凝り固まった身体と心は一歩一歩進むたび、沖縄のさわやかな風を受けて
ゆっくり溶けていく。

そしてその夜。
疲れながらも、一人でふらりと入ったこの店。
初めて来たはずなのになぜか懐かしく、まるで帰ってきたような感じがした。

普通の居酒屋だと思う。
でも、なんだか妙にホッとした。居心地が良い。
距離感なのだ。
居心地のいい店というのは、店と客の距離感が絶妙なのだと思う。

一人で入ってもとても落ち着けたし、他のお客さんと話をつなげてくれたり、
楽しく過ごせる気遣いをしてくれた。
それも、何気なく。

まるで何年も通っている地元の飲み屋に居るみたいで、嬉しかった。

そう言った意味でこの店のマスターとの出会いは
キンキンに冷えたオリオンと共に、 フルマラソンで疲れ切った身体に、
この夜、程良く染み渡っていったのを覚えている。
 
その店の名前は 「夢風亭(むふうてい)」 という。
http://www.mufuutei.jp/

あれから1年振りなのだ。
少し前にこの場所へ移ってきており、移転後は初めての訪問。
※移転後、「夢風亭Plus(プラス)」と名前が変わりました。

翌日の大会後の打ち上げパーティの打合せのため、仲間と別れて一人でこの店を訪れた。 

真新しいカウンターに座りビールを飲んでいると、隣に座っている女性達は
NAHAマラソンの為に東京からやっていたと、マスターから教えられた。
一人の方は走るけど、あとのお二人は応援らしい。

応援で沖縄まで来るのってなんか良いなと思いながら、その3人としばらく話をした。
とても笑顔が素敵な女性達で、ケラケラと笑い明るくて、そしてこの店の常連さんだという。

マスターを交え楽しい話は尽きなかったけど、明日はフルを走らなければならない。
翌日の健闘を誓い、この店を後にした。既に小雨が降っていた。

そして翌日のNAHAマラソンは、第13回以来15年振りの雨、それも土砂降りとなった。
2012_1203NAHAマラソン0032 2012_1203NAHAマラソン0039 

それでも、沿道の応援は去年と変わらない。かえって盛り上がっていた感もある。
2012_1203NAHAマラソン0090 2012_1203NAHAマラソン0111

あぁ、オレはこの沖縄の人達の笑顔に会いにきたんだなぁ、と
雨で重くなったエルビスの衣装のすそを絞りながら思った。
2012_1203NAHAマラソン0119 2012_1203NAHAマラソン0138
2012_1203NAHAマラソン0139 2012_1203NAHAマラソン0172

雨の中、数々の人に声をかけられた。去年氷を取ってくれた女性もお会いした。
沿道から「去年も見たぞお~!」なんて言われると、うれしい。
2012_1203NAHAマラソン0224 2012_1203NAHAマラソン0253

レース中ずっと雨は降っていたけど気分は晴れ渡っていたし、
ゴール手前のトラックはまさに田んぼのようで、妙に楽しく、泥だらけで走りぬけた。
2012_1203NAHAマラソン0268 2012_1203NAHAマラソン0272
2012_1203NAHAマラソン0275 2012_1203NAHAマラソン0276

ゴール後、ホテルへ向かう。
今回のホテルはゆいレールで数駅移動しなければならない。
びしょびしょだけど、着替えるのもめんどくさい。
エルビスのまま、ゆいレールに乗った。

私は良く人に話しかけられる。

そのゆいレールの中でも、ランナーの方に話しかけられた。
「雨、すごかったですね~。」
「今日帰るんですが、時間があるので国際通りや公設市場に行きたいんです。」

なぜかその男性は、オレの衣装について話をしない。
オレだったらこんな奇妙な人を避けて、普通の格好したランナーに話しかけるけどね。

「どの駅で降りたらいいんでしょう?」
ん?
なんでオレに聞くんだろう・・・。

牧志で降りて、歩いた方がいいんじゃないっすか?
この大会の最初に国際通りを走ったでしょう?あれの逆です。

「行ってみます。ありがとうございます!」

そんなやり取りをしていると、横からまた声をかけられる。
「あれ?ジミーさん!」
昨日、夢風亭でお話しした女性たちだった。
まあ、偶然!

同じ駅だったので一緒に降りて、ホテルまで歩いた。
聞くと、走った女性は30km近くで関門に引っかかったという。

たいして練習も出来てないのに、30kmも頑張れたのは素晴らしいじゃないか。
でもちょっとがっかりした様子。

マラソン大会でのリタイヤの扱いは、とても冷たい。
そこまで懸命に頑張ったのに、ゴール地点にバスで送られチップを返して、
それで終わり。
完走すれば拍手をもらえて、完走証もらえて、この大会はメダルまでもらえるのに。

私も以前つくばマラソンでリタイヤしたことがある。
バスの中は非常に暗い雰囲気で、シ~ンとしていて、誰もしゃべらない。

これって、皆さん趣味で走ってるんだよね?
オリンピックの選考レースで落ちた選手な訳じゃないよね?
この先、人生真っ暗な訳じゃないよね?

もちろん皆、自己記録を更新するために懸命に努力してきたのだ。
時間を割いて、苦しい思いをして。
それで何らかの理由でリタイヤな訳だから、ショックなのも分かる。

でもねぇ・・・。

大会側も、もう少し配慮してくれたらいいのに。
もちろん42.195kmを走り切るトレーニングをしてきた者だけが、
喝采を浴び、達成感を味わえるのは分かってる。
練習は絶対するべきだし、その方が走っていて楽しい。

でもさ、まかりなりにも今日、実際に走ったんだぜ。
それも決して短くない距離を。
その人なりに、頑張ったのだ。

そう言う意味では、ウルトラの場合は状況が違う。
収容バスではちょっと納得した感が漂ってるし、知らない者同士良くしゃべる。
あそこキツかったね~、とか。練習しないとだめだね~とか。
そんなの、オレだけかな?
まぁリタイヤといってもフルの距離はゆうに超えている場合が多いし。
いわて銀河の場合だと、走った距離の証明書をくれるのだ。
フルでも、なんかあっていいよね。少しだけでもいいからさ。

その女性の健闘をたたえ、別れた。やっぱり後で「夢風亭」に来るらしい。

少し部屋で休憩したあと、打ち上げをするために店に向かった。
去年は一人だったけど、今年は20数名で大宴会なのだ。

小上がりに全員そろって、さあ乾杯。
一人も良いけどさ、大勢もいいね。

初対面の人もいたり、友人はメドック参加メンバー連れてきたりしてたので、
自己紹介が始まったり、わいわいと宴会は進む。

まあ、みんな飲むね。
ランナーに飲んべえが多いのは、なぜだろう。
フルマラソンを走った疲れなんて微塵も感じさせず、おいしい料理とともに
生ビールのジョッキや泡盛のボトルが次々と空いていく。

しばらくして、さっきゆいレールでお話した彼女達が店にやって来た。
そしてカウンターに座る30kmの関門にひっかかった彼女に、
持ってきておいた今日のオレの完走メダルをあげた。

マラソンが42、195㎞だなんて人が決めた事だよ。大した意味なんてないじゃん。
あの古代ギリシャの兵士の走った距離が30㎞だったら、今日は完走してた訳だ。
30㎞マラソン完走おめでとう! なんて言いながら。

こう書くと良い話だけど、実はオレは完走メダルに興味がないのだ。
いわて銀河100㎞チャレンジを初完走した時のメダルだって、
1年後、ポロっとスーツケースから出てきたくらいだから。

なので、喜んでもらえて良かったです。

そして俺たちは俺たちで盛り上がる。
まるで大会より、こっちが本番のようだ。

いや、本番なのである。
飲んで食って笑って、飲んで食って笑って、飲んでのんでノンデ。

不意に顔にパイ投げをされたりも、する。 
121202_201147.jpg 
そのうちカウンターの彼女達の連れが来たらしい。仕事の先輩とか言ってたかな。
ビールを飲んでると後ろから不意にその方に声を掛けられた。

「ジミーちゃん?」
振り向くと、女性が。
名前を呼ばれてもその人が誰なのか、直ぐにはわからなかった。

でもこのあだ名で呼ぶということは?

あ、ああ~っ!

名乗ってもらって思い出した。顔を見ても直ぐに気付かなかったのは訳がある。
なんせ約20年前、バイト先で一緒だった女性なのだ。
私のあだ名はその店の仲間たちにつけてもらったもの。
今はそれをハンドルネームにしている。

だって、20年前だよ。
オリンピック5回分だよ。
その時生まれた赤ちゃんは、成人式だよ…。

なんという偶然なのだ。
たまたま昨日この店で彼女達と知り合って、その先輩が20年前のオレの友人。
もちろん以前はお互いにマラソンなんてやってないし、やっていたとしても、
この年のナハマラソンに参加して、この店を知って、今夜このタイミングで訪れて。

う~ん、凄い確率だ。

大抵の事はもう驚かないつもりだった。ランニングの世界は、広いようで狭いのだ。
幾つもの縁があったり、あそこであった人とここでも、なんて良くある話なのだ。

だけど、この偶然すごいね。
オレの顔を見ても、最初は分からなかったらしい。
20年だからね。
ただ皆に「ジミー」と呼ばれていたので、わかったとか。

その女性は言った。
「ジミーちゃん、なんか昔よりスッキリしたね。」

オレ、20年前はどれだけむさ苦しかったんだよ…。


「夢風亭」 は、とても不思議な店である。
DSCF0344.jpg DSCF0347.jpg

何かに引き寄せられた人々が、ここで出会い、酒を飲み、笑い、癒され、また戻っていく。
DSCF0340.jpg 2012_1203NAHAマラソン0301

そして、再び訪れるのだ。 「ただいま」 なんて言いながら。
旅人の、心のとまり木。

今日はここで少しだけ羽根を休めて、また明日からがんばろう。

※店長のブログです。これを読むと、この店の魅力の理由が分かるような気がします。
「7万人の足跡」
http://mufuutei.ti-da.net/
121219_1929~01 130115_1456~01

翌日は南部観光をしました。昨日と打って変わって良い天気!
暑い!
あざまサンサンビーチ 
http://www.city.nanjo.okinawa.jp/tourism/2011/11/azama.html
2012_1203NAHAマラソン0308 
世界文化遺産である、斎場御嶽(せーふぁうたき)
http://www.city.nanjo.okinawa.jp/tourism/2011/11/sefa.html
DSCF0356.jpg  2012_1203NAHAマラソン0340
神聖な場所です。

奥武島の中本鮮魚店 に行って、天ぷらを買い食い。
http://nakamotosengyoten.com/
沖縄の天ぷらは衣が厚い。フリッターみたい。こちらではおやつで食べるようだ。
2012_1203NAHAマラソン0360 2012_1203NAHAマラソン0364 

せっかくだから、この小さい島を歩いて1周してみた。
奥武島(おうじま) 
http://www.odnsym.com/spot/ou.html
2012_1203NAHAマラソン0384 
徒歩で20分くらいだろうか。
2012_1203NAHAマラソン0357 2012_1203NAHAマラソン0372

とてものんびりしている。 海がキラキラして、おだやか。猫が多い。
こういうゆったりした時間がたまらなく好きだ。
風の音しかしない。
2012_1203NAHAマラソン0373 2012_1203NAHAマラソン0378

そして昼食は、ナハマラソンで私設エイドも出していたココで。
屋宜家(やぎや)
http://www.okinawastory.jp/view/portal/0600004315/
八重瀬町の古民家の沖縄そば処です。
平成21年(2009年)11月に国指定 登録有形文化財に指定。
2012_1203NAHAマラソン0409 
三枚肉そばセット(ジューシー・じーまみ豆腐・もずく・漬物付き)
2012_1203NAHAマラソン0396 2012_1203NAHAマラソン0410 
大人数だったので離れに案内していただき、ゆっくり過ごせました。

その後はマラソンコースとほぼ同じ。
ハーフ地点の平和祈念公園へ行きました。 そこからの風景。
http://kouen.heiwa-irei-okinawa.jp/
2012_1203NAHAマラソン0416 
そしてひめゆりの塔を見て
http://www.odnsym.com/spot/himeyuri.html
道の駅いとまん
http://www.yukura.jp/ 
で、お土産を物色してからレンタカーを返し、空港へ。
2012_1203NAHAマラソン0426 2012_1203NAHAマラソン0423  
大会前日の土曜日は、パン屋「宗像堂」に行って北谷でステーキ食って、
道の駅「かでな」の3階から基地を見ました。
土曜も月曜も遊びまくり、食いまくり。

なんだか癒された3日間だったなぁ。
オリオンビール、たくさん飲んだし。

そういえば一体、沖縄に何しに行ったんだっけ? 
DSCF0358.jpg 


猫をなでに行ったのか・・・。






にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

コメントもお待ちしております~。
一番下のcommentをクリックしていただくと、フォームが出ますので。


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://jimmyblackpepper.blog20.fc2.com/tb.php/91-193fbef9

Comment

ユメ | URL | 2013.11.19 19:12
沖縄のユメです。
「マラソン大会はリタイヤした人に、冷たい。」

サラリーマン時代、ナハマラソンの応援団長(会社の)を4年連続してやりました。
私は最終チェック地点の40km付近で声をからし応援しましたが、途中リタイヤしたランナーのそういううら悲しいというか、虚脱感を含んだ辛さは知りませんでした。

ジミーさんの感じた「冷たさ」にはっとしました。
そうなんだよね。
勝ち負けじゃないんだから。

その女性は力を振り絞り、内なる自分の何かと闘い、まだ先へ走ろうとする気持ちを持ちながら、単に制限時間というルールでやむなく止められたのだから・・・。

そうだよね。
モノではなくとも、挑戦し、走った証はあっても良いですよね。

仮装空手家T岡 | URL | 2013.11.21 16:45 | Edit
はじめまして。
以前からファンで、嫁ともども更新を楽しみにしておりました。
ジミーさんほどマラソン大会を楽しく走り、他の方を楽しませておられる方はおりません。

ジミーさんの文章は何度読んでも面白いですし、あったかくなるので、何度も読み返しております。記事が1年前という事ですが、その分溜まってる記事を読めることを考えると楽しみです。

時々遊びに来ます。よろしくお願いします。
キャプテンe | URL | 2013.11.22 20:27
ラストの写真がいかしてるなあ・・・。
かみ | URL | 2013.11.28 01:45
とにかく猫がいるんすね。まちがいなくいるんですね。じゃ、今後のエントリーも考慮します。
てか、20年ぶりに本州を離れてバイトの先輩に会うって、せまいな~。しかも名づけ親って。ミラクル。
ジミー | URL | 2013.12.05 22:14
ユメさん、
マラソン大会は基本的に自治体などが主催しています。
そうでないと警察から道路使用許可が下りないんですね、多分。
あと地元の陸上競技協会などがテクニカルだ部分を管理します。
そういう人たちはリタイヤの事をあまり考えません。
リタイヤしたことが無いと、想像出来ないんでしょう。

ほんのちょっとした事なんですけどね。
メダルは無理でも、来年も頑張ろうと思わせる何かがあればいいのに。

結局は何の為にマラソン大会はあるのか、と言う事だと思うんですけど。
オレの甘えなのかな?
ジミー | URL | 2013.12.05 22:27
仮装空手家T岡さん、
あれ?おかしいな。PCの調子がおかしいのか画面がにじんでる・・・。

あっ、オレの涙だった(笑)

コメントとても感激しております。非常にうれしいです。

私の書く記事、実はとても時間がかかってるんです。
それはまとまりが無く文才もないので、無駄に長くなってしまうから。

それでも、う~んとうなりながら書いております。

なぜそこまでして書くのか、自分でもよく分かってません(笑)
ただ書く時、その大会での出来事を何度も思い起こします。
牛のように、反芻します。

その時間が、結構好きです。根暗でしょ?(笑)







ジミー | URL | 2013.12.05 22:28
キャプテン!
すっかりそちら覗けなくってゴメンなさい。。。
来年は下関出たいんだけどなぁ。
東京こないの?飲もうよ!
ジミー | URL | 2013.12.05 22:31
かぁみちゃん、
来年は出なさい。つくば走ってる場合じゃない(笑)
来年はまた大々的に、打ち上げしたいなぁ。
たぶん君は気に入るよ、夢風亭。
| | 2013.12.28 16:17
このコメントは管理者の承認待ちです
ジミー | URL | 2014.04.17 23:49
ユメさん、いつもありがというございます。
インタビュー流れましたか(笑)
ヘロヘロだったのでちょっと心配。。。

今年もお世話になりに伺います。
よろしくです!
Comment Form
公開設定

◇過去の記事はこちらから

全ての記事を表示する

プロフィール

ジミー

Author:ジミー
走っても痩せない。なぜならば食って、飲んでるから。


【自己ベスト】
2009年 第12回荒川市民マラソン   3時間55分
2009年 第10回谷川真理ハーフマラソン 1時間46分
2011年 第7回いわて銀河100Kmチャレンジ 13時間29分

【初レース】
2005年かすみがうら10マイル
【初フルマラソン】
2006年 第9回荒川市民マラソン    6時間10分

【東京マラソン】
第1回だけ当選しました。土砂降りのこの大会記録は6時間46分
あと14分遅ければ都知事と握手してテレビに写ったのに。
膝が痛くてそんな余裕ありませんでした。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。