スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《夢の国へようこそ》

不思議だ。

ここでは、
アトラクションの待ち時間が180分とか、
ポップコーン買うのに1時間待ちとか、
メシ食うのだって、トイレだって、なにするにも並ぶのだけど、
それでも皆楽しそうで、
結構な値段の入場券買って中入って
目的のものが180分待ちだったら暴動が起こるだろうと思うのだが、
そんな気配みじんもない。

不思議だ。

まるで、魔法にでもかかっているみたいな。
いや。たぶん皆魔法にかかっているのだろう。
そうとしか考えられない。

どうやら、ここは夢の国らしい。

魔法にかかってるからある程度お年を召した男性もネズミの耳の帽子をが被ってるし、
クマの顔のポーチをある程度お年を召した女性がぶら下げてるし、そんなんだから暴動なんてまず起こらないのである。

どっぷり魔法がかかっている奥さんの司令が
よくわからなくても当たり前なのだ。
「ゲート抜けたらあそこでファストパス貰うのに並んで、とったらあそこに並んでてね。」
ファストパス貰うのに並ぶんだったら、ファストパスの意味ないんじゃないか?
ファストパス貰うためのファストパスが必要じゃね?
なんて疑問もぶつけられる雰囲気でなく、とても楽しそうなのだ。

魔法にかかってれば、夢の国で楽しい一日が過ごせる。
みんな目がキラキラして、ワクワクしているのがわかる。
そう、魔法にかかっていれば。

魔法にかかっていない俺が、悪いのだ。

恐るべしディズニーランド。

20171115150111.jpg





《にぼしの頭》

にぼしの頭を取る。
一心不乱に取る。

そしてその頭たちを炒る。
ひたすら炒る。

晴れた日曜日の午後になんでこんな事をやってるんだ、
なんて少しも考えない。

鍋をあおる。

そして砂糖、醤油、みりん。
最後にゴマを。

これで夕方からビールを飲むのだ。
最高じゃないか。

奥さん、子供のいない、ある休日のこと。20171115083259.jpg



にぼしの身はから炒りして、ミキサーへ。
粉にして、味噌汁に入れるのです。


《育てる》

市民農園を借りて、
今年の春から野菜を栽培している。

そして畑をワサワサと力強く賑わせていた
夏野菜も終わりを迎え、
のんびり、ゆっくりとした感じの秋冬野菜が始まった。

秋といっても暖かい日は続き、虫たちもまだ元気だ。

先日畑に行ったら、成長途中のキャベツの葉に穴がかなり開いていた。
葉を分けて覗くと多くのフンとともに青虫がひっそり佇んでいる。

腹ペコあおむし、か。
つまんで雑草の中にお帰りいただいた。

あちこち穴が開いた、まだ丸まる前のキャベツ。
こんなんじゃ完全には育たないかも知れない。

まあ、それもいいかな。
それも面白い。

青虫には青虫の、キャベツにはキャベツの、一応俺にも、都合ってもんがあるのだ。

畑をやってると
なんか自分が育ててる気になるけど、
実際はお膳立てしてるだけで、
土が、太陽が、雨が、空気が、育ててるのだと思う。

だから本当は、「それら」を育てていかなきゃならないんだな。
最近、そんな風に思ってる。

自分に出来ることは、何だろう。

ウチの小さい息子は、野菜なんて食べやしない。
hatake.jpg




真夜中のボールボーイ ~出産に立ち会った時のこと~

2015年2月のある日の明け方4時頃の事。
お腹が痛いと言って奥さんが起きてきた。
俺は布団の中で、「きたか」と思った。出産予定日は過ぎている。

痛み間隔がだんだん狭まり10分間隔になったら、それは本格的な陣痛らしい。
病院に電話し向かう手はずだ。

ただ今は激しくはないが変則的に痛みが押しよせている。
奥さんの感じる痛みの強さは俺にはわからないが、間隔は短い。
これが前触れである「前駆陣痛(ぜんくじんつう)」なのか本番の陣痛なのかわからなかった。

とりあえず二人ともそのまま横になり、目をつぶり様子をみる。
奥さんは眠れず痛みに耐えていて、
その横で俺はこれから起こるであろう出来事を想像しようと
頑張ってみたけど全く出来なかった。

もうすぐ自分の子供が生まれる。


+ Read More

ありがとうございました!~2014・6・1 TokyoTomosuRun~

以前ブログにてご案内したしました6/1のマラニックイベント、TokyoTomosuRunも
無事終えることが出来ました。
参加された方々、お手伝い頂いた方々、有難うごさいました。

こんなにもこのイベントの趣旨に共感してくれた人がいたことが、なにより嬉しかったです。 
TKY_TOMOSU2014-0235_original.jpg 

TomosuRunとしてのメインの活動は、11月に陸前高田~釜石間を走るイベントの
開催です。
http://www.tomosurun.com/
これは現地にスタッフが居ない私たちとしては、かなりの時間と費用がかかります。
現地の皆さんとの繋がりを作るのも、私たちの活動をご理解頂くのも、なかなか難しい。
その短所は現地でのイベントを毎年どんな形であれ継続することによって
徐々にでも克服していかないといけない。

じゃあ長所は何だろう?と考えた時に、ふと短所がそれに代わると思いつきました。

スタッフが、東京にいる強み。

色々な状況により、なかなか現地にいくことが出来ない。
でもどんな形でも被災された方々のお手伝いがしたい。
そう思っている人はいっぱいいるだろうと考えました。

東京にスタッフがいるのだから、東京で被災地を応援できるランイベントを作ろう。

ただ、東北支援のチャリティ大会はいっぱいあります。
自分達に何が出来るか。






+ Read More

◇過去の記事はこちらから

全ての記事を表示する

プロフィール

ジミー

Author:ジミー
走っても痩せない。なぜならば食って、飲んでるから。


【自己ベスト】
2009年 第12回荒川市民マラソン   3時間55分
2009年 第10回谷川真理ハーフマラソン 1時間46分
2011年 第7回いわて銀河100Kmチャレンジ 13時間29分

【初レース】
2005年かすみがうら10マイル
【初フルマラソン】
2006年 第9回荒川市民マラソン    6時間10分

【東京マラソン】
第1回だけ当選しました。土砂降りのこの大会記録は6時間46分
あと14分遅ければ都知事と握手してテレビに写ったのに。
膝が痛くてそんな余裕ありませんでした。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。