走れども、走れども。

ゆっくりのんびり、気持ちの向くままに。

オワリハ ハジマリ ~4/30チャレンジ富士五湖100キロ 完結編~

51.6キロ地点、西浜小エイドはとても静かだった。 ここで受け取れる荷物はシートの上に置いてあったが、 手渡してくれる人はいない。自分で探した。 水を飲む。 この水を飲むのは、すでに走るためでは無くなっている。 今まで7時間、持てる力はすべて走るために注いできた。 でも、もう必要ない。 ただ、敗北感だけ。だけど・・・。   なんだろう。笑ってるし。 収容車に乗る。 バスで隣に座った男性も汗が乾いて塩にまみれて...
8

オワリハ ハジマリ ~4/30チャレンジ富士五湖100キロ その3~

   やっとの思いで山中湖を1周した。 すでに身体は重く、足も重く、腰は非常ランプを点滅し続ける。 半ば投げやりな気持ちで足を進めた。 こんな状態で走っていて何か意味があるのだろうか? 完走出来ないと分かっていて、走る意味があるのだろうか? まるで敗戦処理をする投手みたいだ。 山中湖から離れていく。 私は知っていた。今年新設のやきとりふじの関門時間が迫っていることを。 でもどうすることも出来ない。 ...
2

オワリハ ハジマリ ~4/30チャレンジ富士五湖100キロ その2~

さて翌朝3時半、私と112キロの2人は 同宿のひよこさんの車に乗っけてもらって北麓公園に到着。 ここで驚いた、3時半で公園駐車場は満車・・・。   去年は10分早いくらいだったけど、まだ空いてたな。 どうしちゃったんだ?みんな前泊しないで車で来たのか? 来年は駐車場の開門待ち、決定だな。 私と112キロの2人はここで降ろしてもらう。 ひよこさん夫妻は車を少し離れたドギーパークへもって行く。 ・・・スイマセン。 体育...
4

オワリハ ハジマリ ~4/30チャレンジ富士五湖100キロ その1~

   綿棒が好きだ。 軸が木で出来ている昔の硬いやつ。 ガシッと力が伝わり、思う存分 耳の中をかき回すとうっとりとしてしまい、つい内股になっている。 あぁ、気持ちがいい。 血が出て来たってかまわない。かさぶたになったって、本望だ。 あの快楽さえあれば。 ただ最近は軸が柔らかいものしか見なくなった。 その方が安全らしい。 「赤ちゃんでも安心」とか、「ソフトな使い心地」とか。 な、なんて腑抜けな綿棒たち...
2

不思議な1日 ~2009年4月12日戸田彩湖ウルトラマラソン~

ランステで知り合った方から誘われ、 (チャレンジ富士五湖の大会レポその4で登場している変態O氏) 仲間に加わらせていただいたSWRCの練習会に先日参加しました。 前回の皇居ラン+土砂降りBBQから2度目ですね。 その打ち上げで、なぜかテーブルの向こう側で チャレンジ富士五湖の話で盛り上がったらしく、 5人が72キロに勢いで初エントリー。 え~っ、ホント?いいの? 紹興酒の飲み過ぎで、酔っ払ってない? でも私、こういう人...
4
このカテゴリーに該当する記事はありません。