スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼の季節がやってきた ~7/10 8時間耐久レースin所沢~

2011_0710所沢8耐0004 
暑い。

あっという間に梅雨も明け、肌をジリジリと焼く日差しは、
アイマスクをしてムチを持った女王様くらい容赦ない。

もちろんこの暑さは毎年のことなんだけど、決して慣れることはないようだ。

秋になって過ごしやすくなるとそんなことはスッカリ忘れ
冬の寒さに凍えていると、蒸し器で蒸されているチマキのようになる
この季節のことさえ、恋しくなる。

そしてまた言うのである。「なんだ、この暑さは!」

猛暑、酷暑。

これらの言葉を聞くだけで全身から汗が噴き出てきて
まるで余計な脂を落とすために下茹でされている豚バラブロックな気分に
なってしまう。

言葉のイメージがいけない。パブロフの犬状態なのだ。

台風やハリケーンのように名前を付けてみたらどうだろうか。
これでイメージも変わるんじゃないか。

そして
私は今年の夏に“シュウゾウ・マツオカ”と名付けた・・・。 





+ 続きを読む

もうすぐ、ですね。~17回奥武蔵ウルトラマラソン(2010年)大会レポート~

もうすぐ奥武蔵ウルトラマラソンだ。

今年はエントリーしそこねて、走ることが出来ない。
あんな短期間で締め切ってしまうとは、夢にも思わなかった。
去年のリベンジを誓っていたので、その時は本当に落ち込んだもんだ。

まぁそのおかげで、同日長野で開催の「爆水ラン」に出れるわけだけどね。

すぐ都合の良いように解釈出来るのが、私の特技なのだ。
天性の楽天家。

腰痛で富士五湖リタイヤしたおかげで、いわて銀河を走れたわけだし。

今年度はやめてしまったが、去年アミノバリューRCに入っていて
そこの会報誌でオクムの大会レポートを書いた。
結構字数制限があってかなり添削され、味気のない記事になってしまったが
このままでは浮かばれないという事で、ここに掲載しようと思う。

去年のこのブログの記事「悪夢のオクム」とダブってしまうのだけど。

一部、加筆と削除してます。






+ 続きを読む

この森を通り抜ければ ~いわて銀河100kmチャレンジ・完結編~

2011_0613いわて銀河0201
豊沢湖を過ぎると「なめとこ山」が見えてきた。

なめとこ山の熊のことならおもしろい。
なめとこ山は大きな山だ。淵沢川はなめとこ山から出て来る。
なめとこ山は一年のうち大ていの日は 冷たい霧か雲かを吸ったり吐いたりしている。
まはりもみんな青黒いなまこや海坊主のやうな山だ。
山のなかごろに大きな洞穴ががらんとあいてゐる。
そこから淵沢川がいきなり三百尺くらゐの滝になってひのきやいたやのしげみの中を
ごうと落ちてくる。
宮沢賢治 『なめとこ山の熊』


熊撃ちの小十郎は大変貧しく、
家族を養うためにほかに方法がなくて仕方なく熊を打っていたが、
申し訳ない気持ちがいっぱいであまり好きではなかった。
熊はそんな小十郎に心を通わせ、小十郎も熊の言葉さえわかる気がした。
そこで熊との不思議な物語が始まる。
最後は不意打ちで熊を打ち損じ、襲われて声を聞く。お前を殺すつもりはなかった、と。
小十郎は青い火を見て死を悟り、熊ども許せとつぶやく。
三日後、小十郎の為に数多くの熊が集い、
盛大な弔いが行われている場面で物語が終わる。

『注文の多い料理店』と共通するところがあるね。

このあたりからちょっと下った後、5キロの急な上りが待っている。





+ 続きを読む

この森を通り抜ければ ~6/12いわて銀河100kmチャレンジ・その2~

ねぇ、おやっさん聞いてる?
もう仕事はいいじゃん、飲んじゃいなよ。

やっぱり、かしらは旨いねー。
さいたまじゃ、やきとり屋っていっても焼きトンだからね。
辛みそがたまらない・・・。

あっそうそう、さっきの話の続き。

翌朝は1時に起きたんだよ。
しかし、朝なのか?まだ深夜真っただ中だよ。
でもね、どんな時間であれ十分に眠れるんだよね。
それが自慢なんだ、 ニブいという話もあるけど。

起きてすぐ朝飯を食った。
おにぎり2個、モチ1個、カップめん1個、サンドイッチ1個、バナナ1本。
こんな時間にこれ全部すんなり食べれる自分に驚いたよ。

また友人からのメールが来てたので返事をする際、あいさつに困ったね。
でもやっぱり「おはよう」かな。

携帯で天気予報を確認する。
・・・はいはい。分かりました、十分暑いのね。 もういいや。

シャワーを浴びてランニングウェアに着替えた。
セミロングのランニングタイツ、ノースリーブのTシャツ、5本指ソックス。

ホテルを出て、徒歩5分で北上駅前。
ここら辺ではこんな時間に歩いているやつはランナーしかいない。

ここからスタート会場までバスが出ます。
2011_0613いわて銀河0090
 
隣のおじさんと談笑。お互い初参加。
こんなにキツイコースだとは聞いてないよーと声を合わせる。

そうこうしてると、あっという間に着いた。





+ 続きを読む

この森を通り抜ければ ~6/12いわて銀河100kmチャレンジ・その1~

「この森を通りぬければ、みちはさっきの水車へもどる
鳥がぎらぎら啼いている たしか渡りのつぐみの群だ
夜どほし銀河の南のはしが 白く光って爆発したり
蛍があんまり流れたり おまけに風がひっきりなしに樹をゆするので
鳥は落ち着いて睡られず あんなにひどくさわぐのだらう」

※宮沢賢治 春と修羅 『この森を通り抜ければ』  

2011_0613いわて銀河0226 


よっ、おやっさん、こんばんわ~。
なんだよ、ガラガラじゃねぇか。
花の金曜日だってのに居酒屋がこんなんでいいの、ねぇ?
まぁ今は誰も大変だからねぇ。

ここ座っていい?よっこいしょっと。
んじゃ、瓶ビールね。
生じゃないよ、一人の時は瓶ビール。

そうそうやっぱりビールはキリンラガーだね。サッポロ黒ラベルもいい。
そして冷えたグラス。
グラスは冷えてないとガッカリしちゃうんだよね。
こういう気配りは今はやりの格安居酒屋にはねぇだろうな。

ゴクゴクゴク・・・、プハァ~ッ。
いやぁうまいねぇ~。こういう昔ながらの苦いビールが好きなんだよね。
ちゃんとビールの味がするしさぁ。

最近ホントにうまくてね。
ついこの間正月を迎えたと思ったら、もうそんな季節になったんだね。

えっ、なんか楽しそうだって?
そう見える?

オレ、マラソンやってるって言ってたじゃない?
いやぁこの間、岩手に行ってさぁ走ってきたんだよ。

そう、”いわて銀河100kmチャレンジ”を走ってきたんだ。





+ 続きを読む

オワリハ ハジマリ ~4/30チャレンジ富士五湖100キロ 完結編~

51.6キロ地点、西浜小エイドはとても静かだった。

ここで受け取れる荷物はシートの上に置いてあったが、
手渡してくれる人はいない。自分で探した。

水を飲む。
この水を飲むのは、すでに走るためでは無くなっている。
今まで7時間、持てる力はすべて走るために注いできた。

でも、もう必要ない。

ただ、敗北感だけ。だけど・・・。
2011_0501富士五湖0186
 
なんだろう。笑ってるし。

収容車に乗る。

バスで隣に座った男性も汗が乾いて塩にまみれていた。
新潟からはるばるやってきたらしく、初の100キロだそうだ。
「周りの人はみんな、無理だからやめろって言うんですよ。
まぁ本当になっちゃいましたけどね。」
と笑っていた。

私には分かる。また挑戦するに違いない。

こう言って別れた。
「来年、くびきので会いましょう。」

13時近く、北麓公園体育館に戻る。
2011_0501富士五湖0188 
主を待つ荷物達が所狭しと並べらている。
だが、まだ帰ってくる人は少ない。

リタイアした人以外は。

まだ本栖湖からの荷物は戻ってこない。
関門時間が14:30だから、戻ってくるのはその後になるようだ。
くびきのでは、リタイアした時点でナンバーがトランジット地点まで連絡され、
ゴール地点に帰ってくる頃には荷物は戻っていた。

大会によっていろいろだ。

やることもなく、体育館の2階のベンチで横になっていた。

眠れるハズも無く、ただぼんやり考えていた。
「なんでオレ、こんな事してるんだろう?」

まだたくさんのウルトラランナー達が走り続けている。





+ 続きを読む

オワリハ ハジマリ ~4/30チャレンジ富士五湖100キロ その3~

 2011_0501富士五湖0156 
やっとの思いで山中湖を1周した。
すでに身体は重く、足も重く、腰は非常ランプを点滅し続ける。

半ば投げやりな気持ちで足を進めた。
こんな状態で走っていて何か意味があるのだろうか?
完走出来ないと分かっていて、走る意味があるのだろうか?

まるで敗戦処理をする投手みたいだ。

山中湖から離れていく。
私は知っていた。今年新設のやきとりふじの関門時間が迫っていることを。
でもどうすることも出来ない。
ペースをコントロールする力なんて残ってないのだ。

行きの山中湖に向かう際、やきとりふじのエイドの前を通過した。
その際、そこのおじさんが声をかけてくれた。

「あと2時間。ここへ戻ってくるまで16キロくらいだからね。」
キロ7分ちょいだね。ギリギリだ。
それを念頭に山中湖を走った。

でもこの関門を越えても、どこまでいけるのか。

そして・・・。
2011_0501富士五湖0157 
そしてやきとりふじが見えてきて、係員の人が何か叫んでる。   
何だ?





+ 続きを読む

オワリハ ハジマリ ~4/30チャレンジ富士五湖100キロ その2~

さて翌朝3時半、私と112キロの2人は
同宿のひよこさんの車に乗っけてもらって北麓公園に到着。

ここで驚いた、3時半で公園駐車場は満車・・・。
2011_0501チャレンジ富士五湖0086 
去年は10分早いくらいだったけど、まだ空いてたな。
どうしちゃったんだ?みんな前泊しないで車で来たのか?
来年は駐車場の開門待ち、決定だな。

私と112キロの2人はここで降ろしてもらう。
ひよこさん夫妻は車を少し離れたドギーパークへもって行く。
・・・スイマセン。

体育館前でA地点、B地点へのトランジットの荷物を預ける。
2011_0501チャレンジ富士五湖0087 

そして体育館へ。
2011_0501チャレンジ富士五湖0089 
外は寒いのでここで準備。去年も思ったがココは土足厳禁なのでスリッパが必要。
靴脱いで歩いてると、足から冷えます。
準備がいい人はシートを敷いて、その上にもう一枚厚いシートを敷いてそこに座ってます。

トランジットでない、ここで保管してもらう物を預ける。
2011_0501チャレンジ富士五湖0088 
アーリーエントリーのTシャツやスタッフジャンパーの今年のデザインはいいね。

そうこうしているうちに、112キロの部のスタートの4:30になりました。
2011_0501チャレンジ富士五湖0091 
まだ暗いが富士山はうっすらと見えている。
この時間の富士もまた威厳があって、神秘的で、とても好きな風景だ。

ここが露天風呂で、こんな風景を眺めながら温泉につかってたら、
升酒何杯でも飲めるな・・・。

でも酒を飲むわけにはいかないらしい。
走るのだ。




+ 続きを読む

オワリハ ハジマリ ~4/30チャレンジ富士五湖100キロ その1~

2011_0501富士五湖0131  
綿棒が好きだ。
軸が木で出来ている昔の硬いやつ。

ガシッと力が伝わり、思う存分
耳の中をかき回すとうっとりとしてしまい、つい内股になっている。

あぁ、気持ちがいい。

血が出て来たってかまわない。かさぶたになったって、本望だ。
あの快楽さえあれば。

ただ最近は軸が柔らかいものしか見なくなった。
その方が安全らしい。
「赤ちゃんでも安心」とか、「ソフトな使い心地」とか。
な、なんて腑抜けな綿棒たちなんだ!

私はかなりベテランの花粉症ニストだか、
柔らかいティッシュは家では使わない。もっぱらトイレットペーパーだ。

やたら使うのでもったいないっていうのが主な理由だか、
ムズムズしている時にバリッと破いて鼻をかむのが主義なのだ。

今は花粉症用のしっとりとした柔らかいティッシュが出ているが、
花粉症の醍醐味がない。
絶えず鼻が赤くヒリヒリしていないと真のベテランとは呼べない。

男梅と言う飴を貰った時には感動した。結構酸っぱい。
うん、男らしい。
スポーツドリンクに日本薬局方の粉末のクエン酸をたっぷり入れて
おもいっきり酸っぱくして毎日飲み、胃を壊した私が気に入ったのだから間違いない。

カワハギの肝あえが好きで、
以前クーラーボックス一杯に釣ったカワハギを、
他の調理もすればいいのにすべて刺身にして、肝醤油であえ、
どんぶり一杯食べたら気持ち悪くなった。

うん、男らしい。

高尾山の稲荷山コースを走って下る際に山ガール達が登ってくるのを見て、
良いところを見せようと飛ばしてたら
(もちろん広いところで、ハイカーには距離をとり安全を確認して。)
目の前でおもいっきりヘッドスライディング、こけた・・・。

少しでも反応してくれたらいいのにたぶん気を使って、何事も無かったことにして、
彼女たちはすれ違っていった。

うん、男らしい・・・。

そんな男らしい私は、去年95キロで関門に引っかかったチャレンジ富士五湖
にリベンジすべく日々トレーニングを重ねていた。





+ 続きを読む

いつだって走ることが出来る

私は東北が好きで、旅行でも趣味の釣りでも各県回ったことがある。
車で東北4大祭りを見に、青森のねぶた、秋田の竿灯、山形の花傘、
仙台の七夕祭りを見てまわった。
宮古の港で車中泊したり盛岡で咲いてない石割桜を見て、わんこそばを食べた。

釣りでは岩手県遠野経由で釜石、山田へ行き、
山田の岸壁では近くにいた漁師から捕れたてのホヤをもらった。

気仙沼ではカレイ、アイナメを釣った後居酒屋で飲んでたら店員さんと親しくなり
釣って来たアイナメをタダでさばいてくれた。
そのまま南下して志津川湾(南三陸町)でも釣りをした。
とても静かな海で、時が止まっているようだった。
何故かそこでは地元の釣り雑誌の取材を受けた。

そしてさんまの街、女川を経由して牡鹿半島の先の鮎川まで行った。

港内の浅いところでウニが見えたのでタモ(網)でいじくってたら地元の漁師に怒られた。
謝っていると『東京から来たのか、んならサービスだ。』と言い、
キレイに割ってくれてその場で食べさせてくれた。

ちなみに東京湾などでは堤防の角で釣りをしてると、
かすめる漁船のスクリューで糸が持ってかれるので対策をして釣りをするが、
ここでは必要ない。

漁船がわざわざ避けてくれのだ。
こちらが帽子を取って礼をすると笑って手を振ってくれる。

奥松島では山を登り、森を掻き分け、崖を下り、
天国のような、この世とは思えない夢のような海岸で釣りをした。

どこも緑が美しく、海岸線が美しく、食べ物がうまく、人が優しかった。

そう、人がとても優しかった。





+ 続きを読む

月まで届け ~2/27東京マラソンEXPO&ボランティア~

私は2007年の第1回の東京マラソンに出ました。

その頃はまだ約3倍の確率、初めての東京マラソンに出れるということで
とても興奮したのを覚えています。

でも当日は朝から激しい雨。
本当に激しい雨で、早朝家人をたたき起こし駅まで送ってもらったくらい。
当日の走る格好は雨対策で重装備、
走ってて中で蒸れて、カッパの中で結露が起こりかえってビショビショ。

でも土砂降りのスタート地点(かなり後方、プリンスホテルより後ろ)
1時間位待たされましたが辺りは異様な熱気と盛り上がり。
寒いなんて感じません。5℃だったかな。

隣のおじさんは鹿児島から来たランナー、毎年出ている指宿菜の花マラソンを
蹴ってやってきたという。
いろんな話しをした後、最後におじさんは聞いてきました。
「歌舞伎町ってどこ?」
親切な私はとても丁寧に場所と街の特徴をお教えしときました・・・。

鹿児島のおじさんは夜の東京マラソンを完走できたのだろうか?

1月のハーフでヒザを痛めて(その頃100kg弱あったんですよね、体重。)
その上での出場だったので、大変苦しみつつ走りました。

大変遅かったのでバナナエイドが無いのにも気づかず、
(とっくに売り切れでテーブルごと撤収されていたようです。)
人形焼なんて影も形も無い
『ゆで太郎』という立ち食いそば屋の看板がまぶしかった。

結局半分弱くらいは歩いたように思います。
足を引きずってると係員が近寄ってきて、大丈夫か聞きました。
大丈夫と答えると、
『無理しないで、がんばって。』

無理しないのか、がんばるのか、ワカリマセン・・・。

ゴールシーンはスカパーのチャンネルで確認できましたが、
私は、苦笑してました。今でも覚えています。
『情けないな、お前。やることが中途半端だ。』

そこから半年で18キロくらい痩せ、周りの人から病気じゃないかと思われ、
そして一昨年のヘルニアで8キロ増え、現在にいたっております・・・。

あれからもう4年経ったのか。オリンピック1回分だ。

今はだいぶマラソンに対する考え方が変わりました。





+ 続きを読む

青梅マジック、を体験した日 ~2/20青梅マラソン~

kako-Axm8fSoX09pQlkRc.jpg    
青梅マラソンは恐ろしい大会だ。

その仕掛けは巧妙に出来ている。

スタートし、青梅街道を30キロ走って戻ってくると、
いつも間にかこの青梅の街が好きになっているのだ。

とても自然に。

まるで美しく妖艶な女性に出会ったかのように、
気が付くと心はすっかり奪われている。

青梅マラソンが結婚詐欺師であったならば、
私はなんの疑いも無く財産を差し出したであろう。

だが、マラソン大会が結婚詐欺師である訳も無く、
私に財産もある訳もなく・・・、ハイ。

ただフィニィッシュゲートを駆け抜けた時、
自分はこの青梅マラソンという祭りの一部なのだと気づいた。

河辺駅から続く様々な屋台や、
片道15キロの沿道に途切れない声援、
淡い色の梅の花、
我々を鼓舞する太鼓の音、
楽しそうに手を振る地元の方々、
笑顔にあふれる私設エイド、
ちっちゃな子が差し出す飴玉、
青梅路を疾走するランナー。

全てがこの祭りを構成する分子であって、それらが巧みに絡まり、
2重のらせん構造となって、
この遺伝子が19767年から45年間、受け継がれてきたのだ。

東京マラソンなんてまだまだひよっこだな、
足元にも及ばない。

この大会が長年人気がある訳は参加して初めて分かった。
「温かい」のである。

私はこういう人の温かみがある大会がたまらなく好きだ。





+ 続きを読む

雪に歌えば (I'm singin' in the snow) ~2/11国営武蔵丘陵森林公園完走マラソン~

この大会の3日後の2/14(月)、都内で仕事していると雨が降り続いていましたが、
会社を出る頃には雪に変わっていました。

さいたまの家に着く頃は大雪。
結構時間が遅かったので、すでに積もっていて自転車で走れない程。

・・・体重の軽い人はね。

雪国の方には笑われてしまうでしょうが、こちらは積雪数センチで大騒ぎ。
翌日高速の一部は通行止め、電車はノロノロ。

でもワクワクするんです。

雪が降ってるのを見ると、無性に熱燗が飲みたくなります・・・。

「人に誘われない限り自分では飲まない」月間ですが、
この日は窓の外の雪を見ながら、ちびりちびり。
あ~幸せ。

なんなんでしょうね?
花見と一緒なんでしょうか、
季節というものを肴に飲むのは美味しいのです。

雪見酒、なんかうれしい。

小さい頃、家族でスキーをしに越後湯沢に行っていた時、
目の前に一面の雪が積もってるのを見て、
缶詰の甘いゆであずきをかけて思う存分食べたいと思ってました。

なかなかステキなアイデアでしょう?
練乳でもレモンシロップでも良かった。

でもその後、雪は見る分には綺麗だけど食べるには綺麗じゃない
ということを知りました。

大人になったということです、ハイ。

これもまた小さい頃、
25mプール一面にゼリーを作って
食べながら蟻の巣のようにあちこちに潜っていくという夢がありました。
フルーツゼリーなので食べながら進んで行くたび、
ドデカイ果物のぶつかるわけです。

丸ごと皮をむいたスイカだったり、やはり丸ごとのメロンだったり。
私は裸で、スッポンポンで食べながら進んでいくんです。
なんかセクシーな夢。

これを以前ジムのスタッフに相談したことがあります・・・。
そうしたら冷静に答えてくれました。

『冬だったら温水でゼラチン溶かしてそのままで冷やして、
ゼリーのプールはできると思います。でも片付けが大変です。
配水管には絶対流れていかないので、
業者呼んで産業廃棄物として処理しなくちゃならないですね。』

大人になりました、ハイ。

2011_0211森林公園0017
2/11(金)建国記念日の祝日、
国営武蔵丘陵森林公園完走マラソンに参加してきました。





+ 続きを読む

南房総へ、春を探しに ~1/30館山若潮マラソン~

皆さん走ってますか?
寒い日が続きますね。

インフルエンザも流行っていてマスクは欠かせません。
喉が少し痛い場合乾燥を避ける為、寝るときもマスクをするんですが
朝起きると決まってマスクがずれています。

この間は目の上にずれていました。
これは眼帯か・・・。

1月はやたらとランイベントを入れていて
ブログの更新が遅れている状況ですが、

1/9(日)ランステ東京マラソン試走企画+おまけランで50キロ
1/16(日)フロストバイト
1/23(日)湘南国際
そして今回の1/30(日)の館山若潮マラソン

これで1月の連戦シリーズも終わりです。
まあ、森林公園、またランステ東マラ企画、青梅と続きますけど・・・。

富士五湖に向けてがんばらないと。
これで平日もちゃんとトレーニング出来たら最高なんだけどね。

さて、1/30(日)館山若潮マラソンの大会レポートです。
館山は黒潮の影響を受ける房総半島最南端、ここは関東で一番早く春が来るのです。
つまり、『ちょいと一足早い春を先取りしてしまいますが、なにか?ラン』なのです。 

あれ?
2011_0130館山0004 





+ 続きを読む

茅ヶ崎に背を向けて ~1/23湘南国際マラソン~

2011_0123湘南国際0122   

本当に今までありがとう
寂しいねこれから先
だって見慣れた街、後にするの

誰よりも信じているから
言わないでその言葉は
だってあなたのことわからないわ
Oh!baby 今夜は雨はないだろう
Darlin’ Let me see your smile

さらば背を向け茅ヶ崎
責めないで、せつない胸
だって今夜はほら、ここで二人

Oh!baby 今夜はこれでいいだろう
Darlin’ Won't you see my way

<茅ヶ崎に背を向けて/サザンオールスターズ>

サザンのデビューアルバム『熱い胸騒ぎ』(1978年)の
A面(懐かしい言い方!)の最後の曲です。

知ってる?

桑田佳祐が初めて書いた曲と言われています。

私サザンの熱狂的なファンだったんです。
私がサザンをアルバムをリアルタイムで聞いたのは、
中学生の頃『ステレオ太陽族』(1981年)だっただろうか。

さて、話題が古くなるぞ。若い衆、ついてこれるかな?





+ 続きを読む

君は“ズンバ”を知っているか? ~1/16フロストバイトロードレース~

恥ずかしながら、私は外国に行ったことがありません。 
ジミーといっても外国人ではないのです。

でもアメリカには2回入ったことがあります。
1回目は一昨年の横田駅伝で横田基地。
2回目は去年の日米親善桜マラソンでの座間基地。

ね、アメリカでしょう?

・・・。

そして今回で3回目になりました。
1/16(日)フロストバイトでの横田基地。 
2011_0116フロストバイト0031 
ソロソロ ホントウノ アメリカ 二 イキタイデ~ス・・・。

毎年この時期は、家から比較的近い
谷川真理ハーフマラソンに参加していたのですが、
練習で走っているコースだし、いい加減飽きてきたので?
ちょっと今年は変えてみようと思い、この大会にエントリーしました。

噂はかねがね聞いております・・・。
スタート時間が早まる大会はなかなか無い。

アメリカだからね。 基地だし。





+ 続きを読む

不思議な1日 ~2009年4月12日戸田彩湖ウルトラマラソン~

ランステで知り合った方から誘われ、
(チャレンジ富士五湖の大会レポその4で登場している変態O氏)
仲間に加わらせていただいたSWRCの練習会に先日参加しました。

前回の皇居ラン+土砂降りBBQから2度目ですね。

その打ち上げで、なぜかテーブルの向こう側で
チャレンジ富士五湖の話で盛り上がったらしく、
5人が72キロに勢いで初エントリー。

え~っ、ホント?いいの?

紹興酒の飲み過ぎで、酔っ払ってない?

でも私、こういう人達って好きなんですよね。
興味があったらまずチャレンジしてみる。

そばに居ると間違いなくパワーをもらえます。

そしてその話を聞いたとき、思い出しました。
初めてフルマラソン以上の距離を走った日のことを。

その大会はスポーツエイドジャパンが主催する、
2009年4月12日・戸田彩湖フル&ウルトラマラソン。

埼玉県戸田市にある、道満・彩湖グリーンパーク内、
1周5キロ弱のコースをウルトラは15周(70キロ)します。

私の地元であり、知り合いの彩湖ランニングクラブがエイドのお手伝いをしております。

そして前年のオクトーバーズ・ランで知り合った仲間が応援に来てくれました。
その時はまだそれほど気心知れてないのに、至れり尽くせりな応援でした。
まぁ私が走るにかこつけて、ピクニックを楽しんでいたという説もありますが・・・。
でも本当に優しくしてくれて感激してたんです。

今でもこのチームサリューのメンバーは私の自慢のラン友なのです。

以下の大会レポは、走った翌日に応援してもらったチームの仲間に向けて
感謝の意味も込めて書いてグループメールで送ったものです。

今でも読み返すとあの時の感動が蘇ってきます。

初ウルトラ参戦の方々に応援の意味も込めまして、
掲載させていただきました。

少しでもウルトラマラソンの魅力が伝わればいいなぁ、と思いながら・・・。

大会翌日に書いたので、恥ずかしながら少々感傷的です。




+ 続きを読む

『元旦に ピョン!と跳ね起き 走り出す』 ~1/1初詣元旦健康ジョギング大会~

兎年。

そろそろ今年のテーマ(目標)を決めなきゃいけない。
まぁ、いけないってことはないんだけど。

どんな年にしたいかな・・・?

年末にスマートフォンに機種変更した時、アドレス帳のデータを移しました。
中身をざっと確認すると、もう二度と連絡しないだろうと思われる
連絡先が多かった。仕事上のものも多いけど。

その連絡先を一つずつ確認しながら選別し、削除して行ったんです。

あぁ、こんな人もいたなぁ、なんて思いながら。

すれ違って去っていった人、偶然出会ってお付き合いのある人、
本当にさまざまです。

向かっている方向はもちろんそれぞれで、
ただ偶然、  
線と線が交わっている瞬間がこのアドレス帳に詰まっていました。

新しい人と出会い、アドレス帳を埋めるのはとても幸せな
気分にさせてくれますが、
削除するのもなぜか楽しかったです。

なにか身軽になったような。

ちょっと明確になったような。

新しい年を迎えるに当たって、とても正当な、
当たり前の行為のように感じたのです。

料理は+(足す)味付けが主ですが、
-(引く)味付けもありますよね。

余計なことをしない、素材の味。

今年はもっとシンプルに。

2011_0101初詣0045 





+ 続きを読む

仮装ランナー達の忘年会 ~12/26 年の瀬マラソンin所沢~

皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

いやぁ、本当に一年が過ぎるのは早いですね。

皆さんにとって、2010年はどんな年だったのでしょうか?
たくさん笑いました?走りました? 飲みました?

私の去年のテーマは『新しい事にチャレンジ』でした。
特にランも、狭い自分の世界を広げたかったのです。

ひとりで色々な企画に参加し、走った事の無い大会走り
このブログも始め、今ではおかげさまで仲間も増えました。

今年ほど、知らない人達の前で自己紹介をした年はありません。

相手は私のことを覚えていても、私は覚えていないことがあるんだよね。
ごめんなさい。
私はよほど印象的なのだろうか。
態度がでかい?

私が参加した大会を振り返ってみると、

1月  谷川真理・ハーフ
1月  勝田・フル
2月  守谷・ハーフ
4月  日米親善桜マラソン・7キロ
4月  彩湖・フル
4月  チャレンジ富士五湖・100キロ
5月  EKIDENカーニバル・5キロ
7月  所沢8時間耐久レース・8時間
8月  奥武蔵・77キロ
9月  巨峰の丘・20キロ
10月  富士山麓トレイル・9キロ
10月  えちごくびきの・100キロ
10月  手賀沼・ハーフ
11月  戸田・ハーフ
11月  つくば・フル
12月  神宮外苑エキデン
12月  年の瀬・フル

計17本です。
もちろん、全部完走したわけではないですが。

参加費の合計は計算しないほうが、精神衛生上、良い様な気がします・・・。
でも、楽しかったよ。

ありがとう。

さて大変遅くなりましたが、
昨年の最後の締め、12/26の年の瀬マラソンのレポートです。

12/26(日)、本当に“年の瀬”ですね。
気温は低いのですが、快晴。
普通の人はこの日、大掃除などしてるんじゃないでしょうか。
2010_1226年の瀬0002 
8月の所沢8耐以来の航空公園駅。





+ 続きを読む

あなたへの手紙 ~12/12 みたけ山トレイルラン・応援編~

拝啓、お久しぶりです。お元気ですか?

この突然の手紙にびっくりしたことでしょう。

お風邪などひいてませんか?

僕のほうはなんとかやってます。

もうこちらは木々の葉も落ちてすっかり冬模様です。

そちらはいかがですか?


そういえば、先日嬉しい事がありました。

富士五湖や野辺山、丹後などのウルトラマラソンを主催している
ランナーズウェルネスのホームページでウルトラブログコンテストというのをやってました。
これらのウルトラの大会の魅力をブログで紹介し、
優れた記事には大会に招待していただけるということだったので、
今年富士五湖を走って大会レポートも書いたことだし、
そのレポを紹介するブログをちょっとカッコつけて?書いて応募したんです。

そうしたら私の記事が選ばれてしまいました。

ね、びっくりでしょう?

小学生の時、標語書いて市役所で表彰を受けた時以来の30年振りの快挙です。
その時の標語、今でも覚えてますよ。
『ゴミ一つ 拾う心を 忘れずに』
マセたガキでした。

でもこれで来年のチャレンジ富士五湖100キロに招待していただけるようなので
意地でも完走しなければなりませんね。

あなたも喜んでくれますか?

僕はあなたに会えなくて寂しいです。
独特なウェイブのかかった髪型の女性が通るたび、
あなたではないかとジッと見てしまいます。

こんなところにいるわけ無いのにね。

でも、あなたが颯爽と走る姿はまだ目に焼き付いていますよ。

僕は12/12(日)、御岳山へ行ってきました。
あなたは行った事ありますか?
今回「第11回みたけトレイルラン」と言う大会に友人が参加するので
応援に行って来たんです。

青梅線の御嶽駅を一斉にランナーが降りていきます。
紅葉も終わってしまったので、登山客は少ないんですかね。2010_1212みたけ0002 




+ 続きを読む

晩秋の筑波山のふもとにて ~11/28つくばマラソン~

私、ヘルニアもちなんです。

今でも左ヒザの周辺がしびれてます。
ストレッチをすると分かるんですが、左の大腿四頭筋が右より伸びない。
おそらく筋肉は普通の状態なんでしょうけど、
腰のところではみ出した骨髄が神経に触れているので
正確な指示が出せないんでしょうね。

それで伸びない。

筋肉痛も右と左で出方が違います。
比較的左は穏やか。
ということは左は余り使えてないんですね。
富士五湖の時もそうでした。

一昨年のつくばでサブ4を狙いました。
その年の春の荒川が4時間12分だったので、狙えると思ったんですね。
結果4時間6分でした。
まぁ悔しくて、翌年の荒川では絶対にと心に決めてたんです。
無事に荒川で3時間55分でゴールしました。体重は80キロくらいだったでしょうか。
名物のシャーベットは1個でがまん、しかも走りながら食べました。
その大会で腰を痛めてしまった。

次は3週間後の戸田彩湖の70キロ。
漠然とウルトラへの憧れがあって、地元だし、
周回コースだから何かあったらすぐリタイア出来るし、
とエントリーしておりました。

でも腰の痛みが癒える時間がない。
70キロを走る練習も分からず、そのまま大会へ突入。
この大会はエイドが豊富で補給食を持って行く必要が無いのですが、
ウエストバックで腰をぎゅっと締めないとかえって走れない。
ただ走っていると腰痛も気にならなくなり、友人達の手助けもあって
9時間13分でゴールしました。

この大会のレポートは友人達にグループメールで送ったのですが、
今度ブログでもアップしますね。感動の体験でした。

でも腰は固まってしまった。少しでも走ると痛みで息が出来ない。
しばらく走れない日が続きます。

ただ仕事のお客さんから頼まれ毎年出場している横浜駅伝が4/23にあり、
仕方なく出場したら、5キロさえ走れない。
応援者がいるトコだけ走る始末。

結局腰痛が消え、やっと走ることが出来たのが5月中旬のEKIDENカーニバル。
それもとても遅い・・・。
ただ走れるようになってその後ちょっと調子に乗ってしまったんですね。





+ 続きを読む

彩湖はサイコー!~11/21戸田マラソンin彩湖~

最近疲れちゃってさぁ、なんかスリ減ってんだよねぇ。
体もクタクタになってきたし、
昔と比べりゃ、まぁ肌もくすんできたしね。

ん~、でも頑張ってるよぉ。今おいらしかいないし、もう走りたくない!なんて言えねしさ。
嫌いじゃないんないんだよな、走るのは。

まぁどのみち使われる身は辛れえなぁ。

あっ、おいら?“DSトレーナー”って言うんだ。
ハハッ、よせよ~、外人じゃねえよ。
これでも日本生まれだってえの。
シューズだよ、ジミーのランニングシューズ。

ジミーを走らせるのに忙しくってさ、風呂も入ってないんだぜ。
だれだ臭いなんて言ったのは?
しょうがねぇだろう、もうすぐ3代目が来りゃあ体だって洗えるさ。

最近涼しくなってから、やたらとジミーが走りたがるから、忙しくってたまらないぜ。
今月、月間250キロいったって喜んでるからねぇ。
えっおたくは350?ご愁傷様~。
でもうちのジミーは体重87キロもあるんだぜ。たまったもんじゃないってえの。
ソールなんてズリズリだよ、ズリズリ。

こんなに走ってるのに痩せないなんてある意味“奇跡”っていわれてんだよ。走る奇跡。
ちょっと聞くとカッコ良さげだけど、要は食って飲んでんだよな。

くびきのだって完走出来ない訳だ、本人判ってんのかな?

そういやぁ、なんでジミーっていうか知ってる?
“ジミー大西”に似てるって昔からのあだ名らしいぜ。
今時ジミー大西なんて知ってる人いるのかな?

それにしてもアイツは昨日飲んでたなぁ。
大会前日だってのにランステ企画に参加して20キロ走っちゃってさ、
すぐ帰るのかと思ったら親睦会、おまけに2次会まで出ちゃうんだから。

まあこれは“麻呂”と“ぐっさん”が悪いな。友達には気をつけたほうがいいぞ、ジミー。
おっと二人ともこのブログ初登場だねぇ。
そういや普段は個人名控えてるみたいだけど、今日はいろんな人がバンバン出るぜ~、
なんせ今回はジミーじゃなく、おいらがしゃべりまくるんだからな。

ここで昨日のランステスペシャルの写真見るかい?
コースは芝大門スタート。
東京タワー見て、スカイツリー見てランステ麹町に帰るってやつさ。

これは増上寺のお地蔵さん、子育て地蔵だとか。
2010_1121戸田マラソン0006 

秋だねぇ。





+ 続きを読む

助けて~っ、テガヌマン! ~10/31手賀沼エコマラソン~

オレが海老蔵だったら、六本木になんて飲みに行かずに
ずっと家で飲むのになぁ。目の前に小林麻央がいるんだから、ねえ。
“麻央ちゃん、天気予報やって~”とか頼むのにな・・・。

あっ、スイマセン、独り言です。


え~、遅くなりましたが10/31(日)手賀沼エコマラソンに参加してきました。
シーズンイン最初のハーフということで毎年参加してたのですが、
今年の印象は例年と違ってたんです。

さて、この大会はなんか例年台風がらみが多くって、
初めて参加した2007年なんか台風が去った後
南から温かい風が入ってきたらしく気温は28℃。
おまけに4日前に扁桃腺腫らして大熱を出しつつ、
土曜日には抗生物質のお陰で平熱に治まったので走ってみたら
いや~心臓バクバク、息が吸えない。

面白いですよ、熱出した後走ってみてください。
浅くしか息が吸えないんですから。
ひっひっひっ、ふぅ~。
妊婦じゃないんだから・・・。
タイムは2時間26分だったかな。

今年も前日に台風が関東に接近、開催が危ぶまれた。
3月の荒川市民マラソンが頭をよぎる。
だがなんとか台風も反れて、無事開催の事。

当日、武蔵野線、常磐線を乗り継いで北柏駅へ。
2010_1103手賀沼0001 
ホームに降りたら人の渋滞。
よくよく考えたら毎年の事なんだけど、なんかうんざり。





+ 続きを読む

しばしお待ちを。

なんか仕事も忙しく、休みの日はランステ企画や大会があったりして、
なかなかアップできません。
走んなきゃならないし。

現在、アミノRCin東京の会報誌に8月の奥武蔵の大会レポを依頼され
執筆中です。どう水着のねぇちゃんの話を面白くしよう?
大会レポってオレ完走してないんだけど・・・。

手賀沼と戸田マラソンの記事は手が空きしだいアップしますので
まぁ待っておられる方はほとんどおりませんが、
少々お待ちください。

とはいいつつ、つくばマラソンに突入か。

雨の手賀沼。
2010_1103手賀沼0004

今日は戸田マラソン。ホントにいろんな方にお会いして楽しかったです。
2010_1121戸田マラソン0057

さぶろうさんに初めて声掛ける前に、隠し撮り。
2010_1121戸田マラソン0041

デカいっす・・・。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

コメントもお待ちしております~。
一番下のcommentをクリックしていただくと、フォームが出ますので。

素晴らしき冒険への招待状 〈チャレンジ富士五湖・番外編〉

最近、冒険しました?

ある程度年を取るとなかなか冒険なんてしないですよね、色んな意味で。

社会の中だと、大体自分の身の丈は分かってるし、自然とリスクは回避するし、
守るべきモノもあるだろうし。

でも得体の知れない、なんだか馬鹿デカイものに挑戦するという事は
とてもワクワクする。なぜだろう?

どんな世界が見えるのだろう。

そしてそんな挑戦をしている自分がとてもバカバカしく、愛おしい。

得てして他人からは愛おしいとは言われないけどね。
バカバカしいとはよく言われるけど…。

でも意味のあることが全てではないのだ。
いいじゃん、やりたいんだから。
君たちに迷惑はかけないよ。

そんな未知の世界に身を置いてみること自体に、意味があるのかも知れない。

先日ランナーズウェルネスから冒険への招待状が届いた。
来年、4/30(土)に行われる第21回チャレンジ富士五湖の案内だ。

このいつものロゴが入った封筒を見ると、今年の春の冒険が昨日のように蘇ってくる。
あの日の富士山は雄大で美しく、とても鮮やかだった。
朝の5時、まだ薄暗く冷たい空の下、北麓公園から見た富士を忘れない。
2010_0425hujigoko0016.jpg

※今年の第20回チャレンジ富士五湖の大会レポです。
その1 その2 その3 その4 その5 その6 完結編

今でもヴィグライプロを飲むたび、思い出す。
ウエストバックに入ったそれらとともに富士の麓を走り続けた、春の記憶。

ひたすら続く湖畔沿いの道。

色鮮やかな山々。

ランナーを勇気付ける、美しい桜。

昼間の日差しの強さ。

森の匂い。

重い足の痛み。

エイドの方の満面な笑顔。

日が暮れた頃の富士吉田の寒さ。

すっかり暗くなった河口湖ステラシアターで終わった私の冒険。

そこで何を得て、何を失ったのか。
人生は1度きり。
まだ自分にも冒険が出来ることを、信じている。

来年は仲間も増えて楽しくやれそうだ。
そして絶対100キロを完走し、自分との決着をつけなければならない。

・・・また確実に、あの季節がやってくる。

この日本一の富士山の麓に答えはあるのだ!


よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

コメントもお待ちしております~。
一番下のcommentをクリックしていただくと、フォームが出ますので。

まるで、かなわぬ恋のよう~10/9(土)えちご・くびき野100キロマラソン その2~

10/9(土)大会当日。翌朝2時半に起床。

部屋の窓を開けるとすでに小雨が振っている。
あ~あ。
テレビをつけると通販ものばっかりな時間。

朝食を取り(私、お決まりのカップラーメンカレー味,とおにぎり、バナナ。)
シャワーを浴びて準備をする。
雨の中の走行を覚悟して足にワセリンを塗りこんで5本指ソックスを履く。
濡れてもさらさらという、アート鈴木さんご推奨のヤツ。

駅前からスタート地点のリージョンプラザ上越までの送迎バスは3:50発。
静かに寝静まった街がここだけ熱気ムンムン。 2010_1010えちごくびき野0080 
2010_1010えちごくびき野0081 
またもやここでも「ウルトラマラソンプロジェクト」でお会いした女性と遭遇。
この方、初フルマラソンを走った数ヵ月後にくびき野で初ウルトラにチャレンジ
という経歴の持ち主。
富士五湖でも本栖湖の折り返しでお会いしましたね。

Oさんいわく、「ウルトラの大会って同窓会みたいなものだから。」
うん、同感。

こんな知らない土地の大会で知り合いがいるってほっとしますね。





+ 続きを読む

まるで、かなわぬ恋のよう ~10/9(土)えちご・くびき野100Kmマラソン その1~

私、マラソンを始めるまで武蔵野線に乗ったことが無かったんです。
近いところに住んでいますが、1回も。

要は西国分寺や新松戸に行く用事があまり無いわけです。
いや、あくまで私の場合・・・。

それが今では大会に参加するために、柏に行ったり勝田に行ったり、
土浦に行ったりで武蔵野線を使うようになりました。
つくばフル、守谷ハーフに参加しなければ、
もちろんつくばエキスプレスに乗ることも無い訳で。

あと釣りが好きで海にはよく行ったけど、山なんて興味が無かったんです。

それが一時は毎週のように武蔵野線、西国分寺で乗り換えて高尾山に
走りに行くようになり、今年は山梨まで行きました。

あとみたけ山や高水山を走るのに青梅線、
ハセツネコースちょこっと走るのに五日市線なんてのも。
住んでいるか、山に行くか、鉄道ファンか、酔っ払って寝ちゃった人以外では
滅多に乗らない路線でしょう?
(大変好きな路線ですよ~。味わいのある素敵な景色なのです。)

変り種では横田駅伝では横田基地、日米親善桜マラソンでは座間基地の中にも入れたし。

いやぁ、考えてみるとあちこち行ったねぇ。
マラソンを始めていなかったら、どこもきっと行く事がなかったでしょう。

マラソンは、私を色んな所に連れて行ってくれましたし、
素敵な友人にも出会わせてくれました。
もちろん、ラッキーだと思うし感謝していますよ。

ただ、もう少しなにかあれば。

10/9(土)えちご・くびき野100Kmマラソンに参加してきました。




+ 続きを読む

森と湖と樹海と酔っ払い~10/2(土)富士山麓トレイルラン~

もう10月だ、早いっすね~。
今年もあと3ヶ月。

9月は福岡に行ったり
また高尾走ったり、巨峰の丘マラソンやら、アミノの合宿なんてのもあったり、
しかも平日の仕事が忙しかったりしたもので、あっという間でした。

こんなに遊び呆けてスイマセン……。

でも全部1人じゃ出来ない(つまらない)ものです。
いつもお付き合いいただいてる仲間に感謝です。

さてこの間、1月の新宿シティマラソンのエントリーは
数時間で締め切りになったようですね。
ハーフは要注意でしょうか?
この大会、走った後すぐ隣の明治公園へ行って屋台で飲むのが楽しいんだよね。
確かステージもあって結構賑やか。

2月の守谷ももしかしてあっという間?
この大会いいっすよ。
今年初めて参加しましたがいろんなものいっぱいもらえる。
ここには企業の工場が多く、大会の協賛が多いからだとか。
守谷の人はやさしいし、暖かい大会です。
駅からのバスもあんまり待ちませんし。

守谷最高!くわがたミニバスがんばれ!

が、来年は出れません・・・。
1月は湘南と館山の連チャンの予定で、その翌週の守谷は厳しいのです。
まぁフル2連荘しといて厳しいも何もないですが。

富士五湖チャレンジ対策なんですけどね。
大会に参加しないと40キロなんて走れない・・・。あと、楽しいし。
なので自慢じゃないけどかなり遅いです。
ん?いつもか。
もう早くなんて走れません・・・。

さて、10/2(土)富士山麓トレイルランに参加してきました。





+ 続きを読む

心頭滅却すれば急坂登るもまた楽し?~9/18巨峰の丘マラソン~

 2010_0919巨峰の丘マラソン0041 
え~今週の『い○旅・夢気分』は 山梨県山梨市に来ております・・・。
最近、やっと食べるラー油にハマっているレポーターのジミーです。

でも絶対ご飯にはかけないな、他でいいじゃん。

皆さん、元気ですか?

今年の夏は暑かったですね。
暑すぎて気がふれて、コーラだと思ってめんつゆ飲んだりしませんでしたか?

ランパンはいてジョグしてるつもりがスッポンポンで、
これはこれでアリかも、なんて思ったりしませんでしたか?

ランの後、乳首スレ防止の為に張ったテープをはがすとき、
これはこれでありかも、なんて思っったりしませんでしたか?
 
もうすっかり、というか急激に秋めいてきた今日この頃ですが、
この山梨市を訪れた2日間(9/18・19)は日差しが強く、
まだまだ夏の名残を感じさせる暑さでした。





+ 続きを読む

江戸時代の旅人になってみる~8/28箱根旧街道・石畳&滝めぐりラン~

6月から8月の平均気温が113年の統計以来最高だそうだ。

それ以前は記録してなかったのだが、今より暑いわけ無いので
今年が今までで一番暑いってこと・・・。

8月の平均気温は例年より2.5℃高いらしい。

モチロン例年と比べたらとても暑いですが、
私が通ってるおんぼろジムのサウナの中よりは涼しい。
赤道直下のあの国より涼しい。
どっかの相撲部屋の稽古中より涼しい。

比べるのが間違ってる?

もうキリが無いから例年とか平均とか、比べるのやめようよ、ねぇ。
暑いものは暑い。

ただこの異常気象が(異常ってのも何かと比べてる表現ですが。)
CO2排出だったり環境汚染の影響だったら怖いね。
・・・影響なんでしょうけどね。

この科学が発達した時代に、宇宙に人間が行く時代に、
化石燃料燃やして運動エネルギーを作って距離を移動してるのがおかしいんじゃない?
ものすごく原始的。

なんかないんすかねぇ?

ヨットだって風上に進めるんだから、
重力だったり、太陽光だったり、温度差だったり・・・。

でも一番は便利すぎるって事ですかね。

車が発明されたからガソリン燃やしてでもあちこちいけるし
発電した電気使ってテレビは見れるし、
コンビ二は夜でもまぶしいくらい明るいし。

もうちょっと不便でもいいんですかね。
まぁ便利に慣れちゃうと、もうそこから抜け出せないけどね。
分かりますハイ。

たまには不便を少しだけ、楽しみましょうか?

車なんて無かった頃、例えば江戸時代、遠くへ行くのに庶民は歩くしかなかった。
例えば東海道を歩くなんてとても長い距離ですが、それが普通だったんだね。
途中、山あり川ありで大変だったことでしょう。

そんな気分を味わうために、ちょっと江戸時代にタイムスリップしよう!
エコです!不便を味わうのだ!楽しむのだ!

8/28(土) 新宿よりロマンスカーに乗って箱根湯本駅に向かいます。
2010_0828箱根run0002 





+ 続きを読む

◇過去の記事はこちらから

全ての記事を表示する

プロフィール

ジミー

Author:ジミー
走っても痩せない。なぜならば食って、飲んでるから。


【自己ベスト】
2009年 第12回荒川市民マラソン   3時間55分
2009年 第10回谷川真理ハーフマラソン 1時間46分
2011年 第7回いわて銀河100Kmチャレンジ 13時間29分

【初レース】
2005年かすみがうら10マイル
【初フルマラソン】
2006年 第9回荒川市民マラソン    6時間10分

【東京マラソン】
第1回だけ当選しました。土砂降りのこの大会記録は6時間46分
あと14分遅ければ都知事と握手してテレビに写ったのに。
膝が痛くてそんな余裕ありませんでした。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。